FOCUS:現在、世界4位の経済局である日本は、低成長を逆転させるための急な道を歩いています。

Estimated read time 1 min read

日本経済は昨年、米国、中国、ドイツに続き世界4位に墜落した後、予想外の景気低迷に陥った後、以前の考えよりも多くの逆風を迎えている。

円安が続くため、米ドルで経済規模が小さく見える状況では、順位の逆転は最終的に一時的な現象であることが判明する可能性があります。 それにもかかわらず、最近の発展は今年の2007年以来初めて金利引き上げが可能になるという経済の脆弱性を強調しています。

木曜日に発表された政府資料によると、ドイツの名目国内総生産(GDP)は2023年4兆4600億ドルで、日本の4兆2100億ドルに比べて大きく増えた。 名目GDPは、インフレを調整することなく現在の価格で測定されます。

2023年第4四半期日本のGDPは年率実質0.4%減少し、第2四半期連続萎縮して技術的不況の定義を満たしました。

専門家らは、日本が直面する危機状況での通貨や財政支援への過度な依存を減らし、社会が急速に高齢化し、より多くの労働力不足が避けられなくなる状況でも成長の可能性を高めることができるかどうかが日本の本当の課題だと述べた。

これが失敗すると、日本の経済力はさらに弱まる可能性が高い。 国際通貨基金(IMF)によると、インドは2026年に日本を抜き、2027年には世界3位の経済大国になる見通しだ。

日本経済研究センター(JCDC)の予測によると、一人当たりの名目GDPで測定したとき、韓国と台湾はそれぞれ2031年と2033年に日本を上回ることが予想されます。

小玉裕一明治安田総合研究所首席エコノミストは「生産性を高めようとする努力が欠実を結ばなければ(下落傾向)、傾向を逆転させることは容易ではないだろう」と話した。

「現政府は長期的な成長を確保するために人、デジタル、緑の変革に投資することが正しい。日本も構造改革が必要だが、首相が強力な政治的資本を保有しなければならないが、これは疑わしいようだ」と付け加えた。

日本のインフレはドイツよりはるかに遅く、日本政府がGDP比較に使用した米ドルに対する円の平均為替レートは2022年よ​​り約7%低かった。

日本が4位に墜落したのは、2010年に中国を抜いて世界2位の経済大国になってから10年余りで象徴的なことだ。 また、日本がデフレを完全に終息さ​​せるための戦争で勝利する可能性について政府が自信を表明した後に出たのだ。 。

マーティン・シュルツ富士通首席エコノミストは「日本の通貨政策正常化以後、日本経済は3大経済大国の地位を取り戻すことになるだろう」とし「両国間の生産性向上の可能性の格差が大きすぎる」と話した。 ドイツと日本共に高齢化経済だ。

Schulzは、「(日本)経済が成長するには、最も急速に成長している2人の雇用グループである女性と高齢労働者がより高い収入を得なければなりません。これは生産性が高まるにつれて可能です」

日本の潜在成長率は1%にも及ばなかった。 人口は現在1億2,400万人から今後急激に減少すると予想され、労働力不足がますます体感され、経済学者たちはこれがすでに経済のボトルネックになっていると見ています。

労働力の供給が不足すると、企業は人材確保のために給与を高めるとともに、自動化やその他の省電力技術に投資する傾向がある。

最近の経済数値は、国内の需要の強さを確認しようとするアナリストにとっては残念だと認識されています。

市場では、日本銀行が円安を招いた長年の通貨緩和政策から大きく逸脱するという期待が高まっており、一部ではゾンビ企業、すなわち収益性のない企業が生き残り、Japan Inc.の競争力が落ちたと言います。

最近の公開石像では、内田新一BOJ副総裁は、経済の「新陳代謝」を改善する必要性について述べました。

「新陳代謝を促進する方法はいくつかあります。例えば、特定の安全網を取り除いたり金利を高めるなどの方法でこれを行うことができます。労働力不足も原因になる可能性があります」会見で言いました。

中央銀行の非正統的な政策の中心人物である内田氏は、通貨状況が緩和し続けると市場を安心させました。

富士通のシュルツ氏は、「労働市場が厳しい経済で生産性を高めるには、効率性とデジタル化への投資が必要です。数十年の拡大政策の後、経済は確かにそのような変化に適した位置にありません」と述べました。

政府はチップ、脱炭素化など成長分野への投資を誘致し、よりしっかりした賃金引き上げ、労働市場改革促進、国家潜在成長率向上のために最善を尽くすと約束した。

元BOJ理事であり、現在の野村総合研究所のシニアエコノミストである木内貴秀氏は、経済規模が重要なすべてになってはならないと述べました。

それにもかかわらず、経済の見通しは少なくとも短期的には楽観的ではないようです。

木内によると、2023年に1.9%成長した後、経済成長率は今年0.3%に急激に鈍化するという。


関連プレス:

2023年経済3位ドイツに押され、景気低迷に入る


READ  英国に拠点を置くBoyz、日本行きの搭乗禁止
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours