経済

Foot Lockerは、「ビジネスを簡素化」し、オムニチャンネルの機会を拡大する計画です。

フットロッカー 社長兼最高経営責任者(CEO)のMary Dillon氏は、11月18日に投資家との通貨で「最も戦略的な価値を保ち、最も収益を生み出す領域に集中できるように、ビジネスを簡素化する方法を探しています」と述べました。 この小売業者は、次のようなグローバル運営を調整しながら、eコマース運営を成長させ、消費者中心の需要エンジンを作ることを目指しています。 計画された日本進出中止

DillonはFoot Locker’sを強調しました。 オムニチャンネル存在ロイヤリティプログラム そして全体的に デジタルマーケティング 主な焦点領域に戦略。 また、小売業者は、企業全体でコストを最適化しながら、ビジネスのこの側面をサポートする技術プラットフォームを強化します。 特に大きな成果を収める分野としてオムニチャンネルを挙げた。

Dillonは、「私たちの最大の機会の1つは、eコマースを始め、より豊富なオムニチャンネル体験を生み出すことです」と述べました。 「まだ具体的な目標を定めていない状態で 16% 私たちのeコマースの普及率は、あなたがするべき場所とできる場所よりも低いです。 つまり、より多くのオンライン専用販売を獲得する機会があり、より重要なのは、オムニチャネルの顧客基盤を構築できることです。 米国の現在のオムニチャネルの顧客は、シングルチャンネルの買い物客のほぼ4倍を消費しますが、顧客ベースの6%に過ぎません。これは、チャネル全体で顧客との関係を改善し、より多くの支出を引き付けるための膨大な機会につながります。

FLXロイヤリティプログラムの改善は、価値提案を改善し、個人化を通じて既存のメンバーの参加を促すとともに、新規顧客を引き付けることを目的としています。

技術的な変化には、Foot Lockerの「基本的な要件のレビューとともに、オムニチャネルとマーケティングでこれらの努力を支援するための正しいツールと機能を構築していることを確認する」が含まれています。 「より強力なバックボーンと技術志願者を確保することは、今後の私たちの重要な優先順位になるでしょう。」

少数のバナーに焦点を当てたグローバル運営

Foot Lockerは2022年末に基本バナーを日本に拡大する計画だったが、代わりにその資源を 雰囲気 国内ですでに成功を収めているブランド。 フットロックカーであるアトモス 2021年取得オムニチャンネルの運営を向上させる小売業者の全体的な戦略と繋がるデジタルでほとんどの販売を行います。

この小売業者はまた、ヨーロッパで2つの合弁事業を終えています。 1つはFoot Lockerがベネルクス地域で運営されている店舗の少数のパートナーであり、もう1つは東ヨーロッパの店舗運営の主要パートナーでした。 これらの変更は 最近 Eastbay Team Sales 部門の売却 Foot Lockerが次のような最も収益性の高いバナーに集中するのに役立つ動き WSSatmosと同時に買収されました。

「私たちはヒスパニックコミュニティにサービスを提供するWSSバナーで見られる成長の可能性について興奮しています。」 「私たちは、重要なアメリカ市場で店舗とオンライン顧客の両方により良いサービスを提供するために流通ネットワークを強化しました。 そして、私たちは資本と努力について最大の収益を生み出すバナーや地域に投資を続けることができるように運営を簡素化しています。

全体的な単純化の努力は、Foot Lockerが2022年第3四半期の予想よりも優れたパフォーマンスを活用するのに役立ちます。 0.8% 2022年10月29日に終了した3ヶ月間の前年比。 4%〜5%しかし、これは以前の予測よりはるかに先にあります。 8%〜9% 減少。

Foot LockerのEVP兼CFOであるAndrew Pageは、「マクロ経済環境は依然として不確実ですが、高品質の製品に対する当社の需要の傾向と在庫位置は、私たちが新しい範囲を達成できることを自信を持って、継続的なボラティリティを管理することができます柔軟性を保ちます。」と言いました。 声明。

READ  日本が軍事力を「劇的に強化」することを要求する経済政策草案

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close