経済

FORUM8 Rally Japanのアジェンダに対する持続可能性

Toshihiko Otaトヨタ市場は、FIA環境認証で3つ星を獲得する過程で2つ星を獲得したラリーの1日で、日本がFORUM8 Rally Japan Sustainability Forumを運営するためにWRCスケジュールで帰国した日を使用しました。

基調講演は、国連地域開発センターの所長である遠藤和重(Kazushige Endo)が行いました。 FIA持続可能なモビリティマネージャAsuka Ito; WRCプロモーター専務取締役Jona Siebelと事業開発責任者Marc de Jong.

すべての当事者の強力なメッセージは、WRCが完全なEV機能を組み合わせたハイブリッド車両を導入した例を使用して、モータースポーツがより持続可能な将来に進化するにつれて、モビリティの研究開発におけるモータースポーツが果たす重要な役割と、これが共鳴し続けるする方法でした。 100%持続可能な燃料

WRCプロモーター専務取締役Jona Siebelと事業開発責任者Marc de Jong.

エンドは「モータースポーツの人々は二酸化炭素排出量を減らし、炭素中立を達成するために多くの努力を傾けるなど、ラリカ自体の技術的面で環境に優しい」と話した。 集会が開かれる地域。

FIA Sustainable Mobility Manager Asuka Itoは、Endoの言葉を反映した。 「Motorsportは常に研究と革新のための実験室でした」と彼女は熱狂しました。

「FIAワールドチャンピオンシップポートフォリオにハイブリッドおよび電気パワートレインと代替燃料を採用することで、モビリティや他の産業への技術移転を加速することができます」

トヨタ市場 太田敦彦

De Jong は WRC ステージから通りに知識を移転することの重要性を強調した。 「WRCが要件を満たすのに役立つようにするには、WRCフェーズで学んだ教訓を日常的なモビリティに移すことが重要です。

「WRCは、世界最高のドライバーが限界まで押し寄せるイノベーションと、巧妙なエンジニアリングについてより多くの物語を伝えるのに役立つことができ、またそうしなければなりません。

「賢い技術が世界で最も難しい道に直面したときに学んだ教訓についての話でもあります。 そして、これらのレッスンが世界中でモビリティにもたらすことができる利点について説明します。」

パネルディスカッションのメンバー

基調講演に続いて、太田市長が率いるパネルディスカッションが、フォーラムエイトイ・イト社長、M-Sport Fordチームのシニアリチャード・ミレナー、P1 Fuels CEO Martin Popilka、トヨタ・ガズー・レーシング総責任者のMasaya Kajiを同僚パネルとして参加しました。

減少、再利用、およびリサイクルの3つの「R」は、単なる自動車を超えて集結する持続可能性の強調とともに、パネルディスカッション全体で顕著に現れました。 たとえば、Millenerは軽量サービスベイを使用し、CumbriaのM-Sport施設の上部にソーラーパネルアレイを設置することで、M-Sport Fordの出荷スペースを減らすことについて話しました。

イベント期間中、トヨタは水素燃焼パワートレインを搭載したH2 Yarisプロトタイプラリカを再びデモンストレーションし、水素燃料電池発電機としてサービスエリアに電力を供給する予定です。

イノベーションと持続可能性も来年モンテカルロラリーの主なテーマになります。

左から右へ:FORUM8伊藤維持会長、太田敦彦市場、WRCプロモータージョナシベル常務取締役。 WRCプロモーター事業開発責任者Marc de Jong; Mスポーツフォードチームシニアリチャードミレナー。 Mスポーツフォードチームシニアリチャードミレナー。 P1 Fuels CEO Martin Popilka; とトヨタガズーレーシング総括責任者マサヤカジ

READ  日本の銀行政策は、持続可能な金融を害する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close