理科

Frank Museumで展示中のユニークなインタラクティブ展示「It Sounds Like Love」

十分に強力なマイクは、乾燥して休眠中の種子の音を捉えることができます。 地球の心臓の鼓動の概念を呼び起こすことができる柔らかく、落ち着いてリズミカルなポップです。

その音は、Otterbein UniversityのFrank Museum of Artで4月27日まで続く珍しい双方向展覧会「It Sounds Like Love」に常に存在します。

パリを拠点とするフランス系アメリカ人アーティストCadine Navarroは、日本で生まれ、3大陸7カ国に居住し、オハイオ州と人脈があります。 彼女のおばあちゃんはトレドのガラスアーティストだった。

Navarroは、「It Sounds Like Love」のために、黒い目のスーザン、ミルクウィード、ドッグベイン、エキネシアを含む9つの先住民のオハイオ大草原植物の休眠種子の音を録音しました。 その後、長澤の日本のマーブリング技法で、彼女は9つの異なる3×3フィートのイメージを作成しました。

READ  SpaceX、宇宙ステーションにアリ、アボカド、ロボット発射

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close