経済

G-7、NATOリーダー、中国の挑戦強調、ロシアの出版物:アメリカ





ある女性が2022年6月21日セルビアベオグラードでセルビアの旗とEUとNATOに反対する落書きが描かれた壁の横を歩いている。 (AP Photo/Darko Vojinovic)

ワシントン(刑務所) – 先進国7カ国(G7)は、6月末にドイツで指導者が会うとき、中国の「強制経済慣行」を解決するための努力を強化する一方、ウクライナで戦争を終わらせるようにロシアに圧力を加えると予想されると米国の管理者は言った。 水曜日は言った。

中国が提起した挑戦は、北大西洋条約機構(North Atlantic Treaty Organization)がG7会議以降スペインで開催する首脳会談で採択する長期戦略でも取り上げられるだろう。 NATO首脳は初めて日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドなど4つのアジア太平洋パートナーが会議に出席します。

米国の2人の管理者のうちの1人が匿名を要求したインタビューで、「これはウクライナに対するロシアの戦争が世界中で私たちのパートナーシップにどのように活力を与えたかを示す良い例」と述べた.

この関係者は「ウクライナが私たちが中国に対するボールから目を離せないようにしていることを示している」と付け加えた。 「事実、私はその逆だと思います。これはロシアと中国の民主主義の世界をしっかりとすることです」。

米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、欧州連合(EU)が参加するG7首脳会議が日曜日から3日間ドイツエルマウ・シュロスで開かれる予定だ。 NATO首脳会議は6月29日と30日にマドリードで行われる。

岸田文夫日本首相は、インド太平洋地域で中国の独断的な態度を懸念する一方で、一方的な強制に現象を変えることは、世界中で容認されてはならないことを強調するために、両方のイベントに参加する計画だ。

もう一つの米国管理は、中国の「不公正で強圧的な」経済慣行が英国が主催した昨年、G7首脳会議より「より大きな対話テーマ」になると予想すると述べた。 そして、世界経済の面でより顕著です。」

中国の広範な産業補助金の使用、知的財産の盗難、強制技術の移転に関する懸念が残っています。 北京はまた、経済的影響力を利用して他の国に譲歩するために圧力をかけることが示されています。

米国は、G7首脳会議で「自由と開放」に基づく世界の共同ビジョンを進展させるため、低所得および中産層国家を支援する「グローバルインフラパートナーシップ」の正式発足を期待している。 言った。

一方、NATO首脳会議の主なハイライトは、今後10年間で30の加盟国で構成された大西洋横断同盟を案内する文書である新しい戦略的概念の承認になるでしょう。

米国の最初の管理は、ウクライナを侵攻したロシアが「同盟に最も深刻で即時の脅威となっている」と述べた。 しかし、Strategic Conceptは、「私たちが中国から来る課題」を初めて解決することが期待されています。

2010年に書かれた以前の概念では、中国への言及はありませんでしたが、NATOはロシアと「戦略的パートナーシップ」を追求すると述べました。

イェンス・ストールテンベルクNATO事務総長は、水曜日、米国メディアとのインタビューで、韓米同盟は中国を「敵」と見なすことはないが、核増強と核心核心分野への莫大な投資を引用して「中国の負傷」を認識する必要があると言った。 技術とヨーロッパの重要なインフラを制御する試み。

READ  日産、超軽量CFPR(カーボン)部品の量産新技術発表会レポート - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close