G20首脳会談終了、日本と福島放射の安全説明

1 min read

G20首脳は、岸田文夫日本首相が破壊された福島原発で処理された放射性水を放出することについて他の国々の理解を確保するために努力する中、日曜日2日間の首脳会談を終えました。

中国が日本の海の放流が海洋環境と人類の健康に害を及ぼすという主張が続くと、岸田首相は首脳会談後、ニューデリーで記者会見を開き、会議の結果を説明する予定だ。

G20首脳会談は、世界的にエネルギーと食料安全保障を混乱させ、世界経済状況を不安定にしたロシアのウクライナ侵攻をめぐり、加盟国間の分裂が激化する中で行われました。

外交消息筋によると、G20首脳は首脳会談で宣言文を確定できないという懸念がありましたが、去る土曜日、ロシアのウクライナ攻撃を非難しないことで合意してこれを採択したという。

岸田文夫日本首相が2023年9月10日、インドニューデリーで開かれたG20首脳会談に出席している。 (刑務所通信)

G20が共同声明を出せなかったならば、2008年初の首脳会談以後初めてだっただろう。

今年、G20議長国であるインドが軍需品とエネルギー資源をロシアに依存しており、ロシアと友好的な関係を維持するために努力してきただけに、ニューデリーが宣言文の作成を消すという推測が出た。 言った。

2023年、G20はインド大統領の任期のいくつかの大臣級会議で共同声明を作成しませんでした。

一方、最近のサミットでは、指導者たちは、インドが「南半球」で新興経済開発途上国との関係を強化することに重点を置いて、アフリカ連合を常任加盟国として含めることを承認しました。

ウラジミール・プーチンロシア大統領と習近平中国国家主席はG20会議に参加し、去る5月広島でG7首脳会談を主催した岸田、ジョーバイデン米国大統領など首脳が参加した。

福島原発の放出と関連して、中国は日本が2011年3月に大地震と津波により崩壊した発電所で「核汚染水」を太平洋に放流したと非難した。

去る8月24日放流が始まった後、中国政府は素早く日本産水産物の輸入を全面禁止し、日本では中国で発生したと思われる迷惑な電話事件が顕著に増えた。

日本政府関係者は岸田首相がこの日G20首脳会議で「ある国が非伝統的な行動をしている」と話したことで中国を狙った発言だと伝えた。

G-7(イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、アメリカ、欧州連合)とともに、G-20にはアルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ共和国、韓国、トルコ。


関連プレス:

日本とインドの指導者たちは、さまざまな分野で協力を拡大することに合意した。

G20、分裂の中でロシアのウクライナ戦争非難の自制


READ  日本の長期債券利回りは、米国に沿って
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours