経済

G7国、中国と貿易のより強硬

BERLIN(AP) – G7の主要経済局は、貿易に関して中国に対してより強硬で調整された立場をとることに合意したとドイツの経済大臣は木曜日に述べた。

ロバート・ハベック経済および気候保護部長官は、2日間の会議の後、同僚のG7管理者と会った後、記者たちに中国についての議論は高い国際貿易基準を保証し、中国が経済的力を利用してお金を使うことを防止するための努力の一環だと記者たちに言いました。 他の国。

ハベックは中国に対するドイツの立場に言及し、「中国に対する素朴さはもう終わった」と話した。 「社会的、人道的基準にかかわらず、誰かが「何があっても貿易」と言っていた時代は…もはや私たち自身に許されてはならないことです。」

彼はドイツが欧州連合(EU)が「中国に対するより強力な貿易政策を確立し、中国が経済を保護するために取る強圧的措置に欧州人として対応するように」説得するために努力すると述べた。

Habeckは、「他のパートナー諸国も同じことをする」と述べ、イギリス、カナダ、フランス、イタリア、日本、米国を含むG-7加盟国がそれぞれの措置を調整することに同意したと付け加えました。

G-7は、ベルリン東ノイハデンベルク宮殿で開かれた会談の後、共同声明で中国に明示的に言及しなかった。

声明は、「あらゆる形態の強制技術移転、知的財産権の盗用、競争優位を確保するための労働及び環境基準の低下、国有企業の市場歪み行為、有害な産業補助金などの不当な慣行について懸念を表明した。 容量超過につながります。」

グループはまた、世界貿易機関の改革を追求し続けることを約束しました。 米国は、貿易問題についてジュネーブに本部を置く機関の管轄権に従属することを特に警戒しました。

READ  2006年以来、最大の英国住宅価格の上昇。 日経、1989年以降の最大年末決算 - ビジネスライブ| ビジネス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close