GA技術、3年連続「Digital Transformation Stock(DX Stock)」に選定

1 min read

GA Technologiesは常に「デジタルイノベーション」をビジネスビジョンの1つとして価値があると考えています。

GA Technologiesは、2013年に設立後、不動産取引プロセスのデジタル移行を実現するために、最先端技術をサービスに統合してきました。 私たちのビジネスビジョンは「人々に感動を与える世界最高の会社を作ること」です。 私たちのサービスに技術を導入し、それを使って伝統的な不動産産業を変えようとする心はそれ以来決して変わりませんでした。 私たちは技術を会社に導入するだけでなく、製品にも取り入れています。私たちは自社開発したSaaSを不動産仲介業者と管理会社の両方に提供します。 日本 産業のデジタル転換を加速する目的で。 その中で2022年5月、不動産取引改正法改正案施行(※1)とともに不動産の完全オンライン取引概念を推進し、業界のDXを推進しています。 私たちが達成しようとしているのは、純粋なオンライン不動産取引、いわゆる「インターネット不動産」取引(※2)の概念を国内に普及することです。 日本。 昔ながらの不動産産業に変化を起こし、産業の活性化に貢献したいと思います。 GA Technologiesはまた、「PropTech」(不動産資産Xテクノロジー)のアイデアを促進するために、顧客に最高の顧客体験を提供し、オープンで透明な不動産取引経験を作成する目標を実現するために努力し続けます。

業界でDXを促進するためのGA技術グループの大きな努力

RENOSY:ワンストップオンライン不動産取引プラットフォーム

RENOSYは、GA技術で実行される不動産取引のあらゆる側面をカバーする包括的なワンストップオンラインプラットフォームです。 RENOSYのビジネスコンセプトは、「不動産取引と資産管理をより簡単に」です。 このサービスは、オンラインとオフラインのサービスを組み合わせて、ユーザーにシームレスな顧客体験を提供します。 照会、慰め、事後管理に至るまで、取引プロセスのあらゆる段階に技術を組み込んでいます。

不動産業界のオンライン取引率 日本 他の産業に比べてかなり低い1%(※3)に過ぎません。 GA技術が達成した重要な結果は、プロセス全体をオンラインで移動し、アプリケーション、契約プロセスに必要な紙の使用を減らすことです。 取引当たり平均452枚の紙の節約に貢献しました(※4)。 GA技術は、顧客のより良い顧客体験と環境の持続可能性に貢献しています。

GAテクノロジーはAI、ビッグデータを活用し、不動産業界全体がどのように機能するかを変え、企業が業界にもたらす変化について高い評価を得ています。

ITANDI:リアルタイムデータベースの活用

ITANDIは、GA技術グループ会社の1つです。 それ toBとtoC製品の開発と提供に焦点を当てます。 ITANDIの製品ラインには、「ITANDI BB +」:不動産ブローカー(リースおよびリース事業)用に設計されたSaaSがあります。 「ITANDI BB」:不動産の人々がリアルタイムで情報を共有できるように設計されたSaaSであり、最後に「OHEYAGO」というtoCセルフツアーハウスハンティングサイトです。 業界の企業は、当社のサービスを使用してリアルタイムデータを取得する利点を享受しています。 私たちは、サービスを通じて不動産業界が根本的に機能する方法を変え、革新的な顧客体験を公衆に提供することで、不動産業界でDXをスピードアップしています。

ITANDIが設計したオンラインサポート受付サービスは、管理会社がテナントのオンラインサポートを円滑に管理し、年間平均5,000,000枚の紙を減らすのに役立ちました。 (※5)

DX Stock 2022と名付けられた栄光は、GAテクノロジーが投入した努力の肯定的な確認です。 当社は、構築されたサービスを通じて業界に変化をもたらし、人々が不動産取引を処理する方法を革新します。

会社紹介

GA技術のビジネスビジョンは、常に「技術と革新の力で人々を感動させる世界一流企業を作ること」でした。 同社はこれらの価値の下で不動産産業の変化を推進してきました。 GA Technologiesグループは、2013年に設立されてから5年後に東京証券取引所の成長市場(旧マザーズマーケットとして知られる)に上場し、上場後3.5年で他の8つのビジネスパートナーを提携して買収しました。 同社は2017年に独自のAI戦略センターを設立し、これは不動産業界初の企業でもあります。 当社は、2020年、2021年、2022年に3年連続DX賞を受賞し、これは東京証券取引所の「成長市場」でこの称号を受けた唯一の企業でもあります。 日本をリードするプロップテック分野の先駆者になりたいです。

GA技術情報
会社名:(株)ジアテクノロジーズ
代表: 樋口涼
URL: https://www.ga-tech.co.jp/en/
本社:港区六本木3-2-1 住友富士山六本木グランドタワー40階 東京
設立年: 2013年3月
キャピタルファンド:7,224,816,203円 2022年3月)

私たちがすること:

  • オンラインワンストップ不動産サービスプラットフォーム RENOSYサービス運営
  • SaaS(BtoB PropTechファミリ)の開発と運用

主な算術館:(株)イタンディ、(株)レノシプラス、(株)サンジュミアスアン他10社

受賞歴

  • デジタルトランスフォーメーション株式(DX株式賞)名誉:2020、2021、2022。 賞は経済産業省の主管 日本 と東京証券取引所
  • FT 1000:アジア太平洋高成長企業名誉:2020〜2022年。 この賞は、フィナンシャルタイムズ&スタティスタ(Financial Times&Statista)が米国内で高い成長成果を見せる企業を表彰するために主催します。 アジア太平洋 地域
  • FT 1000で23位:2022年アジア太平洋高成長企業
  • 中古アパート部門販売実績1位 日本 3年連続:2020年から2022年の研究は、東京ショコリサーチ株式会社(TSR)で行われ出版されました。
  • 働きやすい職場賞(日本):国内中堅企業の中で働きやすい企業の一つに選定 日本 2020. 2021; 賞はGreat Place To Work® Institute Japanで開催されます。

(※1):第34条 不動産取引第2号及びその他の付属条項は、第17条「デジタル社会の建設及び構造に関する改正案」に基づき改正されました。
(※2):「インターネット不動産」サービスとは、不動産取引の全過程を純粋オンライン(検索、出会い、申請、契約などを含むがこれに限定されない)で完了するビジネスモデルをいいます。 不動産取引のすべてのステップをオンラインでシームレスに実行できます。 2022年法改正による重要事項の説明およびその他関連契約書類の電子化とともに、業界の新しいビジネスモデルです。 2022年4月)
(※3):RENOSYマーケットプレイスビジネス(2021年シーズン10)で発生したオンライン取引率を基準に計算した数値です。 ザ・サム(6兆9千億円)50㎡以上の中古アパートは除外しました。
(※4): GAテクノロジーで調査 (https://resources.ga-tech.co.jp/Release/220422_ga_earthday.pdf)
(※5):ITANDI (https://www.itandi.co.jp/press_releases/72)

このリリースでは、以下にお問い合わせください。
ナミ(090-1503-9158)、ジュディ、GA Technologies Co.、Ltd。 MAIL: [email protected]

SOURCE GA Technologies Co., Ltd.

READ  JR東日本、在宅勤務需要に新幹線「事務用車両」発売
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours