Gaiaシリーズ25:日本の技術で命を救う

Estimated read time 1 min read

今週は、日本と海外の重要な健康問題を解決するために技術を使用した2つの日本企業に焦点を当てます。 最初は2006年に設立され、Coverossを作った東京素材の衣類スタートアップHap Co. Ltdです。 衣類に適用される加工技術です。 Coverossは既存の生地を活用し、快適さと機能性に焦点を当て、さまざまな機能を統合します。

同社の鈴木元社長は、「世界の衣料品工場」として知られるバングラデシュに参入することにしました。 いくつかの衣類ブランドがこの国に製造拠点を置いています。 Hapは約6年前にバングラデシュで製造を始めました。 デング熱は国内で緊急の問題であるため、鈴木氏は、高リスク貧困地域の個人を保護するためにCoveross技術を使用する蚊の駆虫剤の服を開発したいと考えていました。

鈴木氏は昨年7月、バングラデシュを訪問して首都ダッカにある病院を訪れた。 その月だけ病院でデング熱患者43,000人を診療しました。 死者は204人で、2022年の同じ期間に比べて20倍増加した。 鈴木氏は高大学生命科学部も訪問した。 そこで彼は、地域の蚊を追い出すことができる最も効果的な化学薬品を決定するために、さまざまな化学物質と防虫特性で処理されたさまざまな種類の布地の実験を行いました。 彼は様々な化学物質の研究を続けるために東京に戻りました。 数週間後、彼は埼玉県韓油市にある工場に行きました。 彼は昆虫と戦うために新しい殺虫剤と化学物質を使用して蚊の刺しから保護する衣類の試作に取り組んでいます。 彼は去る8月再びバングラデシュを訪問し、今回は現地テスターを雇って1ヶ月間防虫効果のあるカバーロス素材を試してみた。 テストは成功し、鈴木氏は2024年バングラデシュで防虫剤シャツを発売する計画です。

次に、2015年に社長の大分優子(Ogata Yuko)が設立した香川県高松市のスタートアップであるメロディーインターナショナル(Melody International)に移動します。 彼女は最初から遠隔医療に参加し、香川産婦人科病院のデジタル患者記録を発明しました。

同社は革新的な出産モニタリングiCTGシステムを通じて出産管理に革命を起こしています。 医師は子宮の中で赤ちゃんがどのように過ごすかをリアルタイムで確認できます。 このiCTG機器はすでに全国135の病院で使用されている。 OgataのiCTGシステムは国際的な認定を受けており、現在日本とタイを含む16カ国で使用されています。 2020年、大潟氏は医師、特に産婦人科専門医が大きく不足しているブータンにiCTG装置を寄贈しました。 国内には約300人の医師がいて産婦人科専門医は15人に過ぎず、そのうち8人は首都ティンプーにある国立病院で働いている。 iCTGシステムは、医療専門家へのアクセスが制限されている遠隔地域でも、ブータンで産電管理を提供する上で重要な役割を果たすことが証明されています。

2023年8月、大潟さんはブータンのプナカ市を訪問しました。 iCTGシステムは2年前にフナカ病院に導入され、この施設では毎月約10人の出産にこのシステムを使用しています。 大潟さんは、産婦人科専門医が勤める都市の中核病院と小規模診療所をつなぐことを目指しています。

ヒント:

1)(株)合意のカバーロス技術を利用した防虫生地をご確認ください
2)メロディーインターナショナルのiCTG胎児モニターは、母親と赤ちゃんの両方に有益です。

READ  Xenoblade Chronicles 3はすでにスイッチeShopのトップセールス製品です。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours