理科

Galaxy Note20 Ultraのレビュー – ライフラインのSペンが進化機能と使いやすさは?

Samsung Electronicsで登場したAndroidスマートフォンのフラッグシップモデル「Galaxy Note20」シリーズ。日本では「Galaxy Note20 Ultra 5G」がKDDI(au)から発売されました。

ここでは、Galaxy Note20 Ultra 5G(以下Galaxy Note20)について新しくなった「Sペン」のレビューを提供しています。 また、今回テストしたのは、グローバル版の携帯電話です。 Sペンは、Bluetoothを内蔵しているので、技術適用の特例制度を利用しています。

Galaxy Noteシリーズは、大画面に加えてして一緒にペンによる手書き機能を備えたスマートフォン。 すでに10世代を数え定番となっていますが、今でもスマートフォンでも数少ないペン対応デバイスです。

ワコムの技術を利用したSペンは、精度が高く、最もよいの書き味。 既存の電力を使用していない仕様だったが、最近では、Bluetooth LEに対応して、単純なペン以上の機能を搭載しています。 Sペンの充電は、Galaxy Note20に接続して、自動的に行われます。 バッテリー不足が問題になることはないでしょう。

Sペンのサイズと形状は、以前のモデルと大きく変わりません。 本体色に合わせた色に一体感があります。 長さは、今までの距離で細身Sペンは、通常のボールペンなどと比べて決して使いやすいものではないが、慣れれば普通のペンのように書くことができます。

Galaxy Note20では、Sペンの収納位置が下部右から左に移動しました。 以前のモデルではボタン配置の変更、カメラの大型化などが影響を与えたのです。 左手で持っている場合、手のひらがペン収納位置に近づいています。

「左手でスマートフォンを持って、右手の親指でSペンを押して検索」という動作は、Sペンの収納場所が変わってもあまり違和感はありませんが、使い終わった後Sペンを捨てるときは、左だと少し難しい感じがています。

これは筆者の都合ですが、以前のモデルのGalaxy Note10は取材もかなり活躍。 「取材先の人の話を聞いて、Sペンでメモをペンを収納して写真撮影に移動して次の人に話を聞いてメモ」など、頻繁にSペン装着が発生する可能性があります。 ストラップで首にかけ使用(Sペンでメモを)手を離すと、スマートフォンの底が上を向いて首にぶら下がるので、Sペンを正しく保管しないで落下しないので、多少雑にも迅速にSペンを出入りすることができます。 Galaxy Note20は慣れないうちはSペンを取り落としてしまうような心配を感じた。

このような場面なければlSペンの収納場所が変わったことに支障はなく、少し使用している場合、慣れないはあります。

Sペン自体の機能が大幅に変更されません。 以前との大きな違いは、遅延時間が9msまで短縮されたものです。 120Hzのリフレッシュレートを持つGalaxy Note20ディスプレイと技術で実現したようですが、実際に使ってみそこまで大きな差は感じられませんでした。

ただし、既存のモデルと書き比較するとGalaxy Note20の方が、すぐに文字を書くことができている感じです。 単に文字を書くだけだと大きな違いはないかもしれないが、精度の向上は、悪いことではありません。

[동영상]Galaxy Note20とGalaxy Note10で書き味の違い。気のせいかもしれないが、Galaxy Note20の方が遅延が短くなっているように感じ

Sペンを使用した機能は、従来のようにSペンを抜くと同時にランチャーを表示するエアコマンドを搭載。 Sペンを使用するときに決められたアプリケーションを使用すると、ランチャーアプリを登録しておけば便利です。 「キャプチャ筆記」「ライブメッセージ」「AR筆記」などの手書きとの通信を組み合わせたようなツールは、従来のように。 Sペンの端にあるテキストを翻訳したり、拡大したり、アプリケーションを最大化・最小化する機能もこれまで通りです。

  • Sペンを抜い自動的に立ち上がるランチャー。今までは、スマートフォン本体の右下のSを削除すると、画面の右下のランチャー起き……というUIは自然だったが、Galaxy Note20は左側にSペンを収納できるようにいくつかのごちゃごちゃな印象もあります

Sペンを活用するためのツールでは、ノートアプリケーション「Samsung Note」(日本ではGalaxy Note)が更新されています。新しいノートをPDFファイルに作成するか、既存のPDFファイルの読み込みをサポートしました。PDFに書き込むことができようになったのは、便利な点です。PDFに注釈を入れたりサインを手にスゴナグァ気軽にすることができます。

  • Galaxy Noteで音声を録音しながらメモをすると、後で再生したときに、そのシーンのメモが濃色。 メモをするとき、音声または容易に確認することができます。 テキストをタッチすると、音声がその場に頭出しされます。 これは思ったより便利です。また、全機種のGalaxy Note10もアプリのアップデートでは、同じ機能を利用することができます

新たに「エアアクション」機能が追加されました。 既存のアプリケーションでのみ動作していないSペンエアアクション機能であるが、他のアプリケーションでボタンを押したまま、ペンを振って操作することができるようになりました。 使用できるのは、バック、ホーム、歴史、賢明な選択キャプチャ筆記などの機能で、それぞれ自分のカスタマイズも可能です。

[동영상]エア措置を操作する。 少し失敗もあるが、概ね正確に動作します。シーンに応じて十分に使いやすいものです

自由度はあまり高くはありませんが、遠くからでもSペンだけでそれなりに操作することができるのは強みですね。 従来通り、カメラを起動してリモートでシャッターを押す.​​…..のも便利です。

Galaxy Note20のSペンは、全体的に完成度が高まりました。 AppleのiPadと強力なライバルがいる中で、ペンで性能向上が追求されていることは歓迎すべきことです(Galaxy Note20と比較すると、iPadは大画面のタブレットであるため、ライバルと呼ぶかもしれませんが)。

Sペンは、Galaxy Noteシリーズの生命線でもあります。 スマートフォンにペン必要はないかもしれませんが、やはりあれば便利。 今後も引き続き強化を期待したい製品です。

READ  哺乳類は、少数の女性だけで生命接続単為生殖の不思議| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close