トップニュース

GE、日本に台風防止海洋タービンインストール推進

TOKYO-大型洋上風力タービンが台風に耐えられるもので、国際的に認定された最初の会社であるGeneral Electricが、日本およびその他の国の海岸に発電機を設置する計画だとNikkeiがわかりました。

英国と米国での3つのプロジェクトの建設がすでに計画されており、2022年から2024年の間に動作を開始することができると予想されます。

日本でGEは北東の秋田県沿岸と東京の近くの千葉県の海岸にタービンをインストールしようとします。 このプロジェクトの入札は5月に締め切られる予定です。

GEの計画されたリリースは、菅義偉首相が日本の排出量を2013年レベルから46%削減するための2030の目標を設定するとともに、提供されます。 シュガーは木曜日バイデン米大統領が主催した仮想の気候サミットで再生可能エネルギーへの推進を加速するための計画を発表しました。

GEの防風タービンは、電力生産者が台風を含む過酷な天候に脆弱な地域に設置することを考慮するように誘導して洋上風力の使用を促進するのに役立つことができます。

GEのタービンは、高さが248メートルであり、出力は12,000キロワットです。 International Electrotechnical Commissionの分類に基づいてタービンは、ハリケーンの条件で上昇した深刻な風速を処理することができる製品について、T-Classで認証されます。

T-Classは、2019年IECによって制定されました。 以前は、最高レベルの認証このClass 1に平均風速が毎秒50メートルと仮定しました。 T-Classは、毎秒最大57メートルの風に耐えることができる設計が必要です。

IECによると、57mps(約205kph)は、今後50年の間に発生する可能性のある最大風速です。

GEは突風により風力タービンの方向を自動的に調整して風圧を軽減する構造を統合しました。

この会社は、陸上風力発電機に使用される技術を適用し、デバイスを作成するために使用される部品およびコンポーネントを強化し、強い風に耐えることができるようしました。

READ  マイクロソフトベセスダ親会社の買収は、独占禁止法に抵触しないと、法律の専門家が言う - IGN JAPAN

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close