スポーツ

Geraldina Outsprints、Queen Elizabeth II Cupの最終延長戦でマリリン優勝

この記事はに初めて登場しました。 スポーツルックJAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイト。

Queen Elizabeth II Cupの47番目のランニングの決定的な瞬間は、決勝戦200mで発生しました。 Geraldinaはフィールドの他の17匹の馬よりも1秒速いスピードで走りました。

イタリアの騎手が乗ったジェラルディナ クリスチャン・デムロ11月13日日曜日、兵庫県宝塚の阪神競馬場で行われた決勝戦3パーロン(約600m)を35.4秒で記録した。 3歳以上の雌馬と雌馬が参加できるレースの中枢的な区間で、Geraldinaのスピードと体力は16回のキャリア出発のうち6番目の優勝を占め、2位のWin Marilyn(デミアン・レーン)1¾の長さ。

ライラックはWin Marilynと3位を記録しました。

Demuroは4位を占めた後、記者たちに「また別のG1レースで優勝できてとても嬉しい」と話した。 日本競馬協会 個人通算1等級勝利。

日曜日の勝利の前に、彼の最新のG1優勝は2018 Hanshin Juvenile FilliesのDanon Fantasyに乗っていました。

広告

Geraldinaのトレーナー高澤沙藤は通算7回目のG1優勝でした。

遠くのアウトサイド18番ポストに割り当てられた4世ジェラルディナ(Geraldina)はレース後半に群れの前方に移動し、芝トラック中央でワイヤで疾走した。 (レースを見る ここ.)

エリザベス2世女王カップでの家族の成功

優勝した騎手の兄、43歳 ミルコ・デムロ、ライラックに乗った。 彼はQueens RingとMozu Katchanに乗り、2016年と2017年にQueen Elizabeth II Cupで優勝しました。

GeraldinaのダムであるGentildonnaは、日本の2012年フィリスのトリプルクラウン優勝者でした。

30歳のCristian Demuroは記者たちに、「雌馬は最後のコーナーでとてもよく走り、外に出て良い方向に足を向けた」と記者たちに言いました。 「前回、彼女が勝った時は良い試合だったので、私は彼女にはかなり自信がありました。

Geraldinaは9月25日、中山競馬場で開催された前のレースであるG2 Sankei Sho All Comersで1位を獲得しました。

No Repeat for Akai Ito

伊藤明、 昨年クイーンエリザベスカップII優勝者、ライラックに2½の長さで4位を占めました。 ヒデアキミユキは、両年ともレースで赤井伊藤に乗った。

ナムル(横山武)5位を記録した。 好きなレース 大胆な戦術松山小平のライド、6位を記録しました。

Rosa Noir(Katsuharu Tanaka)は、ほとんどのレースでトップを占めましたが、ギャップを減らして13位を記録しました。

広告

2番目に好きなStunning Rose(堺龍生)は14位でした。

18位を占めたアイルランド参加者マジカルラグーン(Magical Lagoon)は18位に上がりました。

「私たちは良い場所でレースをすることができましたが、彼女は速い土地が好きで、残念ながら雨は彼女のチャンスを奪いました」 「私は彼女に3番目のコーナーに行くよう促したが、彼女は答えなかった。彼女はいつも本当に良いので、なぜ彼女はゲートに入ることを望んでいなかったのか分からない。」

プレビュー

今月は、JRAカレンダーに2つのG1レースがあります。 マイルチャンピオンシップは11月20日、阪神競馬場で、ジャパンカップは11月27日東京競馬場で開かれる予定だ。

競馬プレスフォロー 一年中SportsLookで。

作家: エド・オデブン

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日とツイッター @ed_odevenJAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイトで彼を見つけてください。 スポーツルック

広告

READ  日本、コロナ19スターストライカーなしでミャンマーに対して女性アジアカップタイトル防衛開始サッカーニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close