Gesmundo、SC裁判官、日本裁判官と会い、法廷で技術を使用して議論

Estimated read time 1 min read

– 広告 ​​-

アレクサンダー・G・ゲスムンド(Alexander G. Gesmundo)フィリピン最高裁判所長は、他の最高裁判所と一緒に3月7日、日本で徳良師父に日本最高裁判所長に会った。

Gesmundoに加えて、フィリピンの代表団はRodil V. Zalameda、Samuel H. Gaerlan、Jose Midas P. Marquez副裁判官で構成されました。 今回の訪問には、Mylene J. Garcia-Albano駐日本大使とCharmaine A. Serna-Chua総領事が代表団と同行しました。

訪問期間中、日本最高裁判所デジタル広報課の草野菅野局長と神田真央弁護士は、フィリピン代表団に日本最高裁判所の裁判所手続きデジタル化進捗状況の概要を紹介しました。

GesmundoとTokuraは、それぞれの管轄区域の裁判所の手続きで技術の採用に関する洞察を交換しました。

Gesmundoは、フィリピン司法省のイノベーションロードマップを含む司法イノベーション2022-2027戦略計画、すなわちSPJIを共有しました。

– 広告 ​​-

交換の過程で、2つの最高裁判所長は、裁判所の手続きのデジタル化、特にビデオ会議の審理の実施が日本、フィリピンなどの諸国に非常に有益であることに同意した。

日本では2020年2月民事訴訟にウェブ会議が導入された。 フィリピンでも同様に2020年12月からテレビ会議の心理実施に関する指針が設けられた。

両方の最高治安裁判官はまた、フィリピンが主催するASEAN最高裁長官協議会(CACJ)会議についても議論しました。 日本は中国、韓国と共にASEAN+国家の一つだ。

– 広告 ​​-

READ  これで、Appleの開発者ベータ版を無料でダウンロードしてインストールできます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours