経済

GICは円が落ち、観光客が帰ってきて日本の不動産取引を模索しています。

シンガポール – シンガポール国立ファンドGICは、日本の全域で不動産取引と企業パートナーを探している。

東京や沖縄をはじめとする主要都市のホテル、リゾート、旅館が評価対象不動産のひとつだと直したキヨングローバル投資とポートフォリオ戦略責任者がインタビューで語った。

日本鉄道およびホテル大企業のSeibu Holdingsから不動産を購入するためのファンドの最近の取引は、1桁以下の数十億ドルに達し、GICは「このような規模の取引をより多くすることができて嬉しいです」とGohは語りました。 彼はホスピタリティに加えて、住宅や物流プロジェクトなどの不動産にも興味があると付け加えた。

日本の不動産市場は、政府が10月11日に残っているファンデミック旅行制限の大部分を解除する準備をすることで、大規模投資家のグローバルターゲットとなりました。 円が米ドルに対して引き続き下落する場合、投資家が罠に陥る危険にもかかわらずです。

「GICはいつも日本の不動産に興味を持っていました。 「日本の金融費用は、特に他国と比較して低水準を維持しています。

コンサルティングおよびリサーチ会社のGlobal SWFおよびSWFIによると、管理されている資産を開示していないGICは、約6,900億ドル(9,880億シンガポールドル)で世界最大のローカルファンドの1つと推定されています。 3月31日現在、投資の約7%が日本に基づいている。

観光の再開は日本の不動産の見通しに短期的な扶養策を提供しますが、Gohは感染症が国境を閉鎖する前にインバウンド訪問者が増加していると指摘しました。 。 ブルームバーグ

READ  ライブニュース:FCAはイギリスとの取引に使用される一時ライセンスを取り締まります。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close