経済

GIGABYTEのGeForce RTX 3070をMini-ITXケースに入れて性能検査(1/4)

2020年10月28日にアッパーミドルのGeForce RTX 3070を採用したビデオカードの販売解禁された。例としてKTUさんの最新の部品の性能チェックそして、濃密なベンチマーク検証が行われているが、本稿では、比較的小さなケースにGeForce RTX 3070を組み込ん見た様子を伝える。

ベンチマークは、テストがてらクラシックなアプリケーションを実行します。 また、温度や消費電力、GPUを酷使する写真/動画編集用のプラグインもいくつかの実効性能をチェックしている。

使用するビデオカードはGIGABYTEの「GeForce RTX 3070 EAGLE OC 8G」である。編集部から “あなたのTwitter用PCに入る大きさである! 「もの届いた。

筆者の項目スペックTwitter用PCは、個人を楽しむためのPCに組み込んだが、完全に業務用試験環境となっているようだが、このビデオカードは、筆者だけで買おうかどうしようか悩んでいた商品ですので、これは完了運。 だから喜んで確認させてくれた。

GIGABYTE「GeForce RTX 3070 EAGLE OC 8G」の価格は7万4580円

ちなみに筆者がGIGABYTEの「GeForce RTX 3070 EAGLE OC 8G」に注目したのは、各社のGeForce RTX 3070搭載ビデオカードの中でも、特に細長いスリムボディだからだ。筆者が使用しているPCケースは、mini-ITX / DTXに対応するNZXT「H210」mini-ITX / DTX用には大きなケースに分類されるが、内部の空間は比較的狭い。しかし、だからといって、短いビデオカードとミッドシリーズ感が不足している。空気の流れのバランスを考えると、「GeForce RTX 3070 EAGLE OC 8G「ちょうどいいと判断した。

果たしてGeForce RTX 3070は、コンパクトなPCケースでも性能を発揮することができますか? 空気の流れと電源容量が十分かも含めて、性能を確認したい。

同じGeForce RTX 3070も
製品によってサイズがまちまち

各社のGeForce RTX 3070を見ると、サイズが豊富である。 上位モデルであるGeForce RTX 3080のケースを流用していることもあり、ZOTACのようにカードの長さを230mm通り減らしものもある。 だから、比較的小型GeForce RTX 3070をいくつか挙げてみる。

ギガバイトGeForce RTX 3070 EAGLE OC 8G282×115×41mm
ASUSデュアル-RTX3070-O8G267×135×52mm
MSIGeForce RTX 3070 VENTUS 2X232×124×52mm
MSIGeForce RTX 3070 VENTUS 3X305×121×52mm
ZOTACZOTAC GAMING GeForce RTX 3070ツインエッジ231.9×141.3×41.5mm

ヒートシンクの量を稼ぐために、または全体的に大型路線だが、長さ創出して厚さに得るか、または幅で獲得したり、または複数の要素の合わせ技または式である。 その中でGIGABYTEの「GeForce RTX 3070 EAGLE OC 8G」は幅が115mmでPCIブラケットのサイズから抜け出せず、比較的標準的なサイズとすることができる。したがって、スリムケースも実装可能である。

GIGABYTEおなじみのクーラー
WINDFORCE 3Xを搭載

GIGABYTE「GeForce RTX 3070 EAGLE OC 8G」はオーバークロックモデルである(スペックは後述)。GIGABYTEのGeForce RTX 3070搭載カードではなく、オーバークロック版も用意されているが、ケースは共通点がある。上位モデルであるGeForce RTX 3080 EAGLE 10Gをした周囲の小さくした映像であり、濃いグレーと水色を基調色としている点も共通のほか、立体的な形状の採用もポイント。サイズは282×115×41mmで細長いが、上記の形でより小型に見えやすい。

ファン3個搭載しており、中央のファンは左右のファンとは対照的に、回転冷却効率を高める代替スピニングファンを採用している。 ファンコントロールを見ると、左右のファンと中央のファンは独立しており、一定の温度以下になるとファンが停止セミファンレス仕様である。 また、バックプレートの後ろに大きな穴が予想される気流は、ファウンドリエディションに近い。

中央のファンを左右ファンと逆回転させることで気流を最適化し、冷却効率を高める構造である

ファンの寿命を2.1倍延長というグラフェンナノ潤滑剤を使用する

従来の基板表面で発見はんだコネクタの鋭い突起がないことが特徴である。したがって組み立て時に指を切ったり、不注意でコンポーネントが損傷されることを防ぐことができる

ファンは3基搭載。 EAGLEの文字の周りにはクリアパーツを採用している

耐久性と放熱性能を向上させる金属バックプレートを装備。穴も確認することができますが、GeForce RTX 3080より控えめ

インターフェイスはDisplayPort 1.4a×2、HDMI 2.1×2が

背面は閉じていて、何もない

銅部品はヒートパイプ。これらのGPUに直接熱を運搬する役割を持っている

補助電源は6 + 8ピンになってカタログスペックの推奨電源容量は650Wになる

READ  楽天のeSIMが当日開通可能です。サードパーティ製のiPhoneユーザーのインポート狙う流​​出の危険大(石川ウォン) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close