エンターテインメント

Gilas PilipinasはSEA Gamesの最終12位を決定するのに時間を費やしています。

ファイル – 韓国との大会を控えているGilas Pilipinas。 FIBAアジアカップ

マニラ、フィリピン – フィリピンは、東南アジアのゲームで最も長い期間、男子バスケットボールの確かな強国でした。

Gilas Pilipinasは、ハノイSEAゲームが急速に近づくにつれて、どのような対価を取ってもこの傾向を維持したいと考えています。

これがSamahang Basketbol ng Pilipinas(SBP)が隔年大会で14回連続で男子バスケットボールの金メダルを狙う国として可能な最高のチームを構成する理由です。

火曜日のPSAフォーラムでSBPのButch Antonio副局長は、「私たちは最終的なラインナップを確認したいだけです。

「これは公園を散歩するのではありません。 あなたがディフェンディングチャンピオンなら、あなたは大きな夜を持っています。 しかし、期待は(勝つ)金メダルだけです。 私たちは失う余裕はありません。」

男子バスケットボールは1977年SEA Gamesで初めて開催されて以来、20大会の中でフィリピンが1位を占めなかった場合はたった2回だけだった。

マニラで開かれた以前の版では、ギラスは決勝戦でタイを115-81に完破し、圧倒的なキャンペーンを終えて優勝しました。

「私たちは(チームとして)一度それについて話し、金以外に他の道がなく、他の道がないと繰り返しました。 必須です」とAntonioは言いました。

SBPはまだ最終選手リストを提出しておらず、12人に絞り込まれる予定です。 これまで、SBPには6つのPBA MVP June Mar Fajardoを含む16人の名前があります。

Fajardoに加えて、Poy Erram、Kib Montalbo、Japeth Aguilar、Isaac Go、Troy Rosario、Roger Pogoy、Matthew Wright、Kevin Alas、Robert Bolick、Mo Tautuaaなど、10人の他のPBAスターが帰化プレーヤーです。

サディ・ラヴェーナとドワイト・ラモスで日本を拠点とする優れたフィリピン選手やウィリアム・ナバロ、カリウム・ハリス、ルブロン・ロペスもプールの一部です。

Chot Reyesは、2019 SEA GamesでTim Coneが率いるGilasのシュートを歌います.

アル・パンリリオ会長が率いるSBPは、6フィート9インチのアギラールがふくらはぎの怪我から完全に回復できるように、より多くの時間を稼ぐことを望んでいます。

5月8日、日本で最後の試合をしなければならないラベナとラモスがギラスのシステムを完全に把握するためには十分な時間も必要だ。

ギラスは大会開始3日前の5月13日、ベトナムのハノイに出国する予定だ。 16人の選手がハノイへのフライトを予約しました。

フィリピンはまた3×3と女子5対5試合でタイトルを防御しています。

最も人気のあるスポーツニュースを受信トレイとしてすぐに入手してください。

次の読書

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 エンクワイアプラス The Philippine Daily Inquirerや他の70以上のタイトルにアクセスし、最大5つのガジェットを共有し、ニュースを聞き、夜明けにダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 896 6000に電話してください。

フィードバック、苦情、またはお問い合わせについて お問い合わせください。

READ  中国の不在、日本は、タイオープ​​ンで競争を減らすとChiragは言う

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close