エンターテインメント

GLAY、デビュー25周年記念グランドフィナーレ果たす「すべてのそばには、常に私たちがいる」| BARKS

GLAYが2020年12月19日(土)・20日(日)埼玉県さいたまスーパーアリーナでデビュー25周年グランドフィナーレとなるライブ を開催した。

◆ライブ画像

GLAYは2019年にデビュー25周年を迎え、「GLAY DEMOCRACY(民主主義)」という周年テーマを掲げ、ファンとの7つの公約を結んだ。 その最後の公約は「デビュー25周年を総括する海外ロングツアー&ドームツアー開催「本来なら今年5月に名古屋ドーム、東京ドーム、そして12月に札幌ドームとドームツアーを走っていたましたが、コロナウイルス感染拡大ににより中断を余儀なくされた。 5月東京と名古屋でドーム公演は中止されたが、12月に札幌ドーム公演は訪問者と従業員の健康と安全を優先して会場をさいたまスーパーアリーナに移動実施を決定した。 昨年5月から今年にかけて、全国を回ってアリーナツアー「HOTEL GLAY」のファイナル、しかもデビュー25周年アニバーサリーグランドフィナーレで本公演の開催を断行した。

約11ヶ月ぶりに油観客ライブコロナウイルス感染拡大防止の観点から、徹底した予防措置がとられた。 政府及び地方自治団体の指示に基づいて、訪問者と関係者、従業員に「来場者登録フォーム」に登録を義務付けて健康状態などを確認します。 会場の各地域は、ダスキン提供消毒液を設置して、公演中にマスクの着用必須声援・応援・歌唱は禁止された。

また、ソーシャルディスタンスの観点から両日とも観客動員数は1万人に制限されたが、会場に来ることができなかったファンのためにGLAY初の有観客のライブをオンラインで見るの各流通プラットフォームで実施した。
この記事では、20日(日)の公演を中心に報告する。

開幕定刻前に発表が流れた後、メンバーの登場を待ついつも歓呼の代わりに雷拍手が会場に響き渡る。

暗転と同時に拍手音押して、スクリーンには「HOTEL GLAY殺人事件」というタイトルで、メンバーそれぞれ画家、IT社長、刑事、連続殺人犯などに扮した映像が映し出された。この映像は19万人を動員し、今年2020年1月に最後の公演を迎えた全国アリーナツアーで流れた映像であり、アリーナツアーと本公演の接続を提案した。

映像が終わるとセンターステージに4色の球体(魂)が降りてくる。 その光が変わるように映像のラストシーンのよう突然メンバーがソファに倒れたままだった。 先ほどまでの映像で着た衣装を身に着て、まるで映像の中で、GLAYが出てきたかのような演出。 そして、天からの光に包まれたメンバーがHISASHIを除いて、続々と生き返りHISASHI作詞作曲の「ROCK ACADEMIA “ライブは開演。TERUが「Come on!」という掛け声とともに、ファンに拍手を誘導し、1曲から声を出すことができない中でも、ファンとの一体感を起こす。ソファで一人だけなかなか動かHISASHIは座って歌が終わってしまうようだったが、最後のサビ上昇なんと担当その他無視でマイクを持ってTERUとツインボーカルを披露した。特別な二人のデュエット会長も拍手でさらに熱くなった。

曲が終わると暗転画面では、人気のスペースアクションブロックバスターを連想させる音楽と映像が流れる。 現在の状況を「コロナ軍との戦い」と表現コロナ災害のメンバーの活動を英文日本語字幕オープニングロールのように書いた。「当たり前のようにライブがあった日常コロナ災害から大切な何かを実現した日々この瞬間が奇跡だと思う時間を取り戻そう.GLAYであらんことを “という文字にしないでください会場拍手で包まれた。

映像が終わると、ドラマの衣装でのライブ衣装に着替えたメンバーが登場し、「ALL STANDARD IS YOU」、「MIRROR」と歌詞が染みる番号を披露した。TERUは「HOTEL GLAY GRAND FINALEにようこそ! すべての心、そして僕たちに送信しようと考えているすべての愛が手に委ね、そのHands clapで私たちに伝えてください! 今日は言葉は必要ない。 代わりに、あなたの手で音を鳴らして僕に提供します。 それさえあれば、私たちは幸せです! ありがとうございます! 」と熱く語った。続いて、 “このコロナ災害しかできないCommunicationいく鵜瀬!」と声を上げて叫び」HIGHCOMMUNICATIONS」を披露した。 TERUが拳を突き上げ交差させると、観客もそれに続く。 言葉を光ないファンとのコミュニケーション会長は一つになった。

続いて、レーザーとファイアボールの激しい演出で「天使の分け前」最新シングルよりTERU作曲によるシンセサイザーの将来的な響きが特徴である「流星Howl」を披露した。 スクリーンでの歌に合わせて油性があふれ会長を盛り上げた。

歌が終わると、TERUは「誰もがGLAYを愛してくれて、GLAYを守るために言葉を光ず、その両手で愛情を表現してくれている、それを見ているだけで、私たちは感動して嬉しい。このようなライブもかなりできず、このような状況を一人一人楽しみましょう!」とファンへの愛とコロナ流行にライブに来てくれたファンを積極的に健康付け、ファンも拍手で応えた。

そんなTERU熱いメッセージ直後TAKUROが「絶対に笑ってはいけないGLAYのLIVEのようになってますよね?TERUさんが普通にMC十分規則違反になることがないので、あまり面白いことは言わないで」と、これまでTERUがライブで発表してきたMC中天然発言を弄り会場の笑いを誘った。

静かに言葉をかけるかのように「May Fair」が開始され続け人気曲「春を愛する人」、「カーテンコール」でサポートメンバー肇デジタルキーボードとTERUの声で会場をやさしく包んでファンを魅了した。

世界観を変えて披露したのは、GLAYの新たな可能性を提示したと言われる「Into the Wild」スクリーンに映し出される雄大な自然と強力な野生の楽曲の世界観を生き生きと表現する。 赤いピンスポットを浴びたTAKUROのその他の開始」を記入も」はHISASHIとTAKUROが直面演奏にファンは息を飲んだ。 曲の最後は、バンドのメンバーを含む全員が会場の電圧を上げて最後のブロックに接続した。

テンションをそのままTERUが「新曲ます!」と宣言した。 始まった「SHINING MAN」のキャッチでリズミカルなサウンドに、初めて聞くファンも知らないうちに、メンバーに合わせて手のゴミです。」everKrack」ではスクリーンに過去のメンバービジュアルやニュースなど気の利いた映像をユーモラスに加工して非常に会場を沸かさせた。 舞台の両側にサンタの帽子を書くメンバーを模した巨大な風船が出現すると、「VIVA VIVA VIVA」を披露し興奮させる演出が止まらない。

畳みかけた後、TERUがタイトルコールを叫んだがJIROが作詞作曲を手掛けた「lifetime」この曲は、JIROの「またファンに会いに行く」という思いが込められており、「困難なとき見て流れるがMUSIC、再度会う喜びを「という歌詞は、コロナ禍という現在の状況と重なり、GLAYのファンにメッセージを感じることができる。 TERUは最後の “lifetime of happiness」の歌詞の部分を「また、必ず会える」と歌変え歌唱後にはまた、「必ずまた会える」と重ねてファンとの再開を宣言した。

安全なライブ開催のための舞台を作り上げたスタッフは、不安の中万全の対策としてGLAYのライブに駆けつけたファンに感謝をTERUは丁寧に言った、 “これからも皆を大切に考えて活動しています奇妙なと思います。コロナは一人で戦ってあるのではなく、私たちも一緒に戦っているんだということを感じて欲しい」と激励した。

MCでTERUは「この舞台があるのが当たり前だと思っていたが、当然なくなる。そのようなことを気付かせられる日々でした。再びこの舞台の大切さを噛み締めていました。しかし、必ずしも一緒に歌える日が来る、それを見ながら、心の中で一緒に歌いましょう」と叫んで「SOUL LOVE」のイントロが流れる。

実は「SOUL LOVE」は、今回の特別思いが込められていた。 コロナウイルス感染が確認され始めライブの中止などが相次いだ3月1日(日)にHISASHIが「今は忍耐の時期ですが、エンターテイメントの可能性を信じよう。そして、「SOUL LOVE」ドームで一緒に歌おう」とYouTubeでファンと約束した曲だからだ。 その約束を推測したTERUは「すべての声は聞こえず、私たちの脳は、すべての声が埋め込まれているので、確実に聞こえてくるのです。」と語ったいよいよファンのような空間で披露するという約束をした。 演奏中にモニターにファンとメンバーが一緒に雰囲気過去の様々なライブ映像が映し出さこれまでファンとの歩みと絆をより一層感じる感情的な時間が流れた。

ライブ定番曲「ピーク果てしなくソウル限りなく」の会場全体でシンガポールロングパートでは、過去のライブ映像とファンたちの歓呼を交えながら、GLAYがファンとの接続を大切にしていることが引き立つ演出がされていた。 本編のフィナーレは、こちらもライブの定番曲となった「XYZ」この番号は、モニターからの飛行機が客席を飛び回るなど、GLAY初のAR演出を披露した。 オンラインライブを見てファンに伝え視聴だから楽しむことができる新しい演出を注入する、それらのような姿勢で非常に会場を盛り上げた。

本編は終了会場に響き止まないアンコールに呼び出され、ステージに戻ったGLAY。

TERUが「本来はスローガンとかヘアドバンスとか曲だが、今日はなく、どのように自分がその定位置で楽しむことができるかそのような挑戦をしたいと思います。これにより、音の高さ叫んます!」と出し生声で「彼女の「Modern … “」とタイトルコール。

そこから「今日という日が舞台に立てたこの幸せを歌に乗せていきたい」と伝えた」Bible」を披露し、最後は「HEROES」「自分を信じて行くよ!また必ず会える!」最後までファンに声援を送って続いGLAYのデビュー25周年ライブグランドフィナーレで幕を下ろした。

ライブ中は終始コロナ状況で不安を抱えているファンを容器付ける言葉を投げていたGLAY。 最後に宣言した「すべてのそばには、常に私たちがいる」という言葉は、GLAYとファンに今までの絆をもう一度確認し、その関係をさらに深化瞬間だったのだ。

今しかできないことを全力で取り組むと、ファンと一緒に動く。 25年間一度も活動を停止していないGLAYので作られたライブだった。

また、12月20日(日)のライブアーカイブ映像は、各プラットフォームで1月3日(日)23時59分まで視聴可能となっているので、逃した方は是非チェックしてほしい。

撮影:田辺佳子岡田裕介

セットリスト

M1ロックアカデミー
M2オールスタンダードはあなたのためです
M3ミラー
M4 HIGHCOMMUNICATIONS
M5天使の分け前
M6油性Howl
M7メイフェア
M8春を愛する人
M9カーテンコール
M10イントゥ・ザ・ワイルド
M11月に祈り
M12 SHINING MAN(新曲)
M13 everKrack
M14ビバビバビバ
M15私の友人
M16寿命
M17魂の愛
M18ピーク果てしなくソウル限りなく
M19 DOPE
M20 XYZ

EN1彼女の「Modern … “
EN2聖書
EN3英雄

[SET LIST 재생 목록]
https://lnk.to/25THHOTELGLAY_GRANDFINALE

見落とし伝達

[배달기간】
● 간과 전달
2020 년 12 월 21 일 (월) 17:00 ~ 2021 년 1 월 3 일 (일) 23:59
(ZAIKO에 관해서는 2020 년 12 월 21 일 (월) 17 : 00 ~ 2020 년 12 월 23 일 (수) 23:59)
【회장】
사이타마 슈퍼 아레나 (사이타마 현)
[시청료]
3,700円(税込)

【販売期間】
2020年11月18日(水)10:00〜2021年1月3日(日)21:00まで
※オンライン生放送終了後には見落とし伝達のみ購入することができます。その場合でも、視聴料
3,700円(税込)です。

[유통 플랫폼]
WOWOW:https://www.wowow.co.jp/join/index.html
U-NEXT:https://t.unext.jp/glay
ZAIKO(アーカイブ12月23日(水)23:59まで)https://lsg-jp.zaiko.io/e/glaysaitama1220
GYAO! https://yahoo.jp/m9ZweP
LINE LIVE:https://ticket.line.me/sp/glay_1220
ライブワイヤー:https://livewire.jp/p/glay201220
PIAライブストリーミング:https://w.pia.jp/t/glay2020/
カトゥーンバ:https://thumva.com/events/cWFOmdhuGlS7WaI
ローソンチケット:https://l-tike.com/concert/20201220glay/
ABEMA:https://abema.tv/channels/payperview-
3 /スロット/ 9CHRZukdNrYtwH

[공연 소개]
■会場:さいたまさいたまスーパーアリーナ
https://www.saitama-arena.co.jp/access/

■日時:
2020年12月19日(土)開場15:30 /開場17:00 / 12月20日(日)開場14:30 /開場16:00
■タイトル:GLAY DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE” in SAITAMA SUPER
アリーナ
総合案内は、GLAY特設サイトでご確認ください。
https://www.glay.co.jp/dometour_2020/

◆GLAYオフィシャルサイト

READ  海外レビューハイスコア「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales " - 安定したフレームレートとレイ・トレーシング| Game * Spark

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close