Godrej & Boyce、JCW JapanとMOU締結、インド鉄道、地下鉄用洗浄システム

Estimated read time 1 min read

ニューデリー:Godrej Groupの代表企業であるG​​drej&Boyceは、Godrej Toolingは、インドの鉄道と地下鉄の列車用の自動化された持続可能な洗浄システムを開発するために、車両洗浄機メーカーJCW Japanと提携していると発表しました。

ニューデリー:Godrej Groupの代表企業であるG​​drej&Boyceは、Godrej Toolingは、インドの鉄道と地下鉄の列車用の自動化された持続可能な洗浄システムを開発するために、車両洗浄機メーカーJCW Japanと提携していると発表しました。

JCW Japanのグローバル専門知識とGodrej Toolingの強力なインドフットプリントを組み合わせることで、同社はインドに最先端のグローバルテクノロジーを導入し、さまざまな自動洗浄システムの国産化に貢献することを約束すると同社の声明で述べました。

JCW Japanのグローバル専門知識とGodrej Toolingの強力なインドフットプリントを組み合わせることで、同社はインドに最先端のグローバルテクノロジーを導入し、さまざまな自動洗浄システムの国産化に貢献することを約束すると同社の声明で述べました。

続きを読む

今後3年間で約50の新しい地下鉄メンテナンス倉庫が予想されるにつれて、インド市場での洗浄システムの需要が高まると予想されます。 鉄道・地下鉄鉄道会社の予想機会は ¥今後5年間で200億。

最新技術の洗浄システムは、資源と時間の効率的な使用を保証する持続可能な洗浄ソリューションを提供します。 当初、Godrej Toolingは20-30%の先住民族化から始まります。 この事業は、今後5年以内に現地能力を80%まで向上させることを目指しています。

JCW Japanとのパートナーシップは、鉄道および地下鉄のコーチのメンテナンスとサービスのスピードと品質を向上させ、安全性を向上させる重要な要素です。 列車が自動列車洗浄プラントを通過する際に、コーチのバリエーションに依存する浸漬、リンス、泡の形成、洗浄、乾燥サイクルなど、事前にプログラムされた一連の機能を経ます。 列車の長さに応じて、全体の清掃プロセスは5分から10分しかかかりません。 自動洗浄システムは、水のリサイクル率を高め、エネルギー消費を減らし、持続可能性に貢献します。

READ  日本、再建資金を調達のために、日本郵政の株式27%の売却
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours