スポーツ

Golf-Matsuyamaは、日本のウイルスの懸念を理解するが、オリンピックが行われることを希望します

KIAWAH ISLAND、South Carolina(Reuters) – 日本の松山英樹は、日本がCOVID-19感染症に続いて取り組んでいるので、母国の多くの人々が、この夏、東京オリンピックがキャンセルされることを希望する理由を理解しているが行事が続行されることを希望すると述べた。

ロイターの追跡者によると、マスターズチャンピオンは、米国が約1億2,600万人の人口のうち、約3.5%だけ予防接種を受けた日本よりも、ウイルスの人々に予防接種をするために努力していると述べた。

松山は、今週サウスカロライナ州で開かれたPGAチャンピオンシップを控え、記者たちに「ウイルスは、ここアメリカと日本で若干異なって見える」と話した。

「今日は、多くの人々がマスクなしのゴルフを見ています。日本ではまだ非常に慎重に思います。オリンピックの意見を表明する人々を確実に理解することができます。 “

日本の医療専門家と医療団体は、オリンピック開催について警告した人の一人であり、取り消しを要求するオンライン請願には、数十万人の人々が署名した。

松山は、オリンピック出場を楽しみにしているが、アウグスタナショナルで優勝した日本人初の日本人がされた後、より多くのメジャートーナメント優勝に主に関心があると述べた。

彼は「ゴルファーとして4つのメジャー大会は、私たちが獲得しようと努力することです。私たちは、オリンピック優勝をしようとするのではなく、非常に重要なイベントです。」と言いました。

彼はオリンピックが最も重要な競争的なスポーツ選手たちに同情を感じるだろう。

彼は「オリンピックが究極のスポーツ、そのスポーツの頂点である他のスポーツがある。だから、私はオリンピックが開催されることができ、私たちの日本の市民を誇りにすることができる優れた方法で開催されることを願う」と述べた。

東京オリンピックは7月23日に開始される予定です。

(Andrew Bothジャーナリスト、ロサンゼルスのRory Carroll作成、Toby Davis編集)

READ  日本とインドネシア、ミャンマーの状況を改善しようと

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close