経済

GoogleとFacebookが「独占禁止法の調査に備えて協力する秘密契約を締結した」と報道している – GIGAZINE



2020年12月中旬に、Googleから独占禁止法(独占禁止法)に違反30人以上の州検事総長が訴訟を提起しました。 訴状の草案を入手したのメールウォールストリートジャーナル(WSJ)が、これまで明らかにされなかったFacebookとの談合疑惑に関する情報や独占禁止調査をする前に、GoogleとFacebookが密かに情報共有を行った疑惑について報道しています。

グーグル、フェイスブック、独占禁止措置に対抗し協力することで合意し、訴訟の草案を発表-WSJ
https://www.wsj.com/articles/google-facebook-agreed-to-team-up-against-possible-antitrust-action-draft-lawsuit-says-11608612219

GoogleとFacebookは独占禁止調査に対抗戦うことに合意したことが分かった| Ars Technica
https://arstechnica.com/tech-policy/2020/12/google-facebook-reportedly-agreed-to-work-together-to-fight-antitrust-probes/

2020年12月16日にいくつかの州検事総長が、Googleが反トラスト法に違反して集団訴訟を提起しました。しかし、公開された(PDFファイル)所長には、黒塗りの修正が多く含まれており、Googleが反トラスト法に違反する根拠が不明瞭になっているという指摘がありました。

Googleは、新しい独占禁止法違反訴訟に直面しているこの時間は、Facebookとの共謀容疑も – GIGAZINE

ベンヌタル

WSJが独自に入手した訴状の草案によると、原告側はGoogleとFacebookが「広告サイト運営者のウェブ画面とアプリのインベントリオークションで両者の間の入札価格に同意競争入札として市場を割り当てる」という秘密協定に2018年に署名したと主張しています。

Facebookは2017年に「ヘッダ入札」という新しい広告の入札方法を考案した。訴状によると、Googleはこのヘッダの入札を競合他社に脅威を感じて「Facebookがヘッダ入札を使用していない代わりに、GoogleがFacebookに一定の有意性を提供し、広告オークションで発生した資金のした富を提​​供する」という契約を結んだこと。


WSJによると、小腸の最終バージョンには、両者の間の具体的な契約価格が記載される予定とのこと。 また、訴状の草案には、Facebookのシェリル・サンドバーグCOO(最高執行責任者)が「FacebookがGoogleの広告に年間5億ドル(約520億円)を支出」という契約を締結した後、マーク・ザッカーバーグCEOが「これは戦略的に重要なものです」という手紙を送ったと指摘されていること。また、Facebookの内部文書では、このGoogleとの合意は、実際にGoogleと競合する場合に比べて、「比較的安価終わっている」とみなして、WSJは報じています。

また、原告は、「Googleの広告オークションのすべての入札者が対等な立場で競争して虚偽公示をしている.GoogleやFacebookは、両社の提携が独占禁止法違反を起こすことができることを強く認識していた。 両社は、お互いにどのように協力するかについて議論し、交渉記録に残していた」と主張した。ここではWSJは、GoogleとFacebookが反トラスト捜査に備え情報の共有契約を締結したと報じた。


Googleの広報担当者は、WSJに「この疑惑は、間違ったものであり、Facebookとの契約は、密かに行ったのはありません。また、Facebookの参加は、排他的ではなく、他の買い手が使用できないデータを受けたことがありません」と説明して否定しています。 また、Facebookの広報担当者も「これが競争を阻害するジュジャンワFacebook側の不法行為の提案は、全く根拠がありません」と述べた。

また、Googleの反トラスト法訴訟の裁判は、2023年9月までに開始される予定はありません。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  ソフトバンクは評価額約4.2兆円のArm株式売却益確保したり売却対象NVIDIAは、CPU / GPUの超大型プレーヤー| TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close