経済

Googleの新しいスマートフォン「Pixel 5」と「Pixel 4a(5G)「楽天モバイル」Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみた!nanoSIM・eSIMすべてOK[보고서]

GoogleのSIMフリースマホ「Pixel 5」や「Pixel 4a(5G)「楽天モバイルMNOが使用できるかどうかを試してみた!


既報の通りGoogleは、新しい5Gをサポートするスマートフォン(スマートフォン)」Pixel 5“と”Pixel 4a(5G)」を発表し、日本でも公式Webショップ「Googleストア」で今日10月15日に発売されます。 価格(金額はすべて税込)は、Pixel 5が74,800円、Pixel 4a(5G)は60,500円。

また、日本ではSoftBankからPixel 5とPixel 4a(5G)auからPixel 5このような10月15日から販売されて価格はSoftBankのPixel 5が87,840円、Pixel 4a(5G)が65,520円、auのPixel 5が79,935円で、SoftBankは有益サポート+ auは変えフリックプログラムの対象とされています。

これにより、利益を用いた場合の実施負担額は、SoftBankのPixel 5が1,830円/月×24回(合計43,920円)、Pixel 4a(5G)が1,365円/月×24回(合計32,760円)auのPixel 5が1,905円/月×23回(合計43,815円)となっています。

日本の移動通信事業者(MNO)は、他のNTTドコモと楽天モバイルで販売されていませんが、Googleストアで販売されているSIMフリー版とSoftBankから販売される製品をSIMロック解除した場合、Pixel 5とPixel 4a(5G)を、これらの回線やその仮想移動通信網事業者(MVNO)に利用することができるものと思われます。

特に楽天モバイルではPixel 3シリーズとPixel 3aシリーズは正常に使用できない状態であるが、後に “Pixel 4“私”Pixel 4 XL」、「Pixel 4a」を「楽天回線製品」とし、正式計画 “楽天UN-LIMIT「(現在は5Gにも対応した「Rakuten UN-LIMIT V “)のnanoSIMカード(4FF)とeSIMで各サービスを利用できるようになっています。

したがって、本記事では、Pixel 5とPixel 4a(5G)をグーグル(以下、Google Japan)に借りたので、実際にPixel 5とPixel 4a(5G)も楽天モバイルRakuten UN-LIMIT Vを使用できるかどうか試してましたのでご紹介します。 結論としてPixel 4シリーズとPixel 4aと同様に、nanoSIM・eSIMすべて「使用した」ので、おそらく近い将来楽天回線製品に追加されるではないかと思われます。

READ  Coupa、Japan Cloud Team On Spend Management

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close