技術

Googleは、「モバイルデータを毎月260MBも無駄にしている」と集団訴訟が提起されている – GIGAZINE


ブログ起業家

モバイルデータの使用料金を心配して、トラフィックをチェックしたことがある人の中には、OSやメーカーがあらかじめインストールされたアプリが意外に通信容量を使用して驚いたことがある人も多いだろう。 「Googleがスマートフォンの通信容量を無駄にした」と、米国のAndroidユーザーがGoogleを相手に集団訴訟を提起しました。

集団訴訟告訴裁判が要求される
(PDFファイル)https://regmedia.co.uk/2020/11/13/taylor-v-google.pdf

新しいスーツ:Android携帯電話が使用していないのに、携帯電話のデータを使用して、月に260MBをGoogleと神秘的に交換するのはなぜですか? •登録
https://www.theregister.com/2020/11/14/google_android_data_allowance/

英国IT系ニュースサイトThe Registerが2020年11月14日に「Androidユーザーのスマートフォンの通信容量をかすめ取っとして、Googleが11月12日に起訴された」と報道した。 この訴訟は、イリノイ・アイオワ・ウィスコンシン州に住む4人の原告は、カリフォルニア州サンノゼにある北部地区連邦地方裁判所に提起したもの。 原告は起訴状で「Googleは、Androidユーザーの許可を受けずに、限られた通信容量を消費して、個人情報を収集している」と主張しています。


原告が問題にしているWi-Fiを介して送受信されたデータとユーザーが使用するアプリケーションのデータではなく、 “バックグラウンドで実行されているアプリがモバイルデータを使用して行った、Androidユーザーが意図しない通信」です。

Androidユーザーがスマートフォンを使用することは利用規約と個人情報保護方針などの4つの条件に同意することが必要ですが、原告は「どのような条件でも、ユーザーの通信容量を使用して、バックグラウンド通信を行うと明記されていない “と訴えています。

この主張を裏付けるために、原告が実際に新しいサムスンGalaxy S7で、Googleアカウントにログインして、Wi-Fi接続せずに放置した結果、「スマートフォンは、一日8.8MBのデータを送受信する通信の94%は、Googleとスマートフォンの間で発生したものであった」との結果となった。 これは、 “スマートフォンを一切使用せず、月に総260MB分のデータ通信が発生している」ことを意味します。

この実験では、すべてのアプリが終了されるアイドル状態でしたが、Googleのサーバーと端末の間で1時間に約16回、24時間で約389回のデータ転送が発生したとのこと。また、通信内容を調査した結果、Googleが収集したデータは、ネットワークの強さなどを記録したログファイルとOSのメトリック関連データだったことも分かりました。


原告は、これらのデータについて「Googleは広告ビジネスのためにユーザーを識別するためのデータを収集し、表示されなくても、利益を得ることができるあらかじめ広告を配信していた」と非難しています。

The Registerは、Googleに取材を試みたが、Googleはコメントを拒否したということです。 また、広告監視サービスを扱うMethod Media Intelligenceの最高収益責任者であるマーク・ゴールドバーグは、「フリーロード広告が表示されていない場合でも、広告費を請求することができるイベントとして集計されていることができますか?」というThe Register質問に対して “例えば、その可能性はあります」と答えたということです。

今回の訴訟では、原告は、「Googleが自分の利益のために使用された通信容量に相当する対価の回復」を要求しており、その金額は、今回問題になった事例が開始された過去数年間遡及合計500万ドル(約5億2300万ウォン)以上に達すると推定されています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  電子ペーパーは、最終的カラーに! PocketBook Colorレビュー| ギズモ・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close