技術

Googleフォト制限撤廃どのように対応? プライム会員は、Amazonフォトに切り替え?

Googleフォトサイトより

画像と動画を無制限に保存することができますので、大きな人気を集めた「Googleフォト「しかし」無制限のストレージ2021年6月に廃止されていること」が発表され、Twitterでもトレンドに入る程度の騒ぎとなった。

この制限撤廃して、Googleフォトは、大量のユーザー離脱を引き起こすだろうか? いや、結論から言えば、多くのユーザーがGoogleフォトを続ける請求するユーザーも増えるだろう。 その場合は、Googleによると、「ユーザーの囲い込み戦略」があるからである。

まず状況を一度整理してみましょう。Googleアカウントは15GBのデータを保存する容量が無料で提供される。 この容量は、GmailとGoogleドライブなど共通して使われており、例えば、Googleドライブに1GBのデータをアップロードしてGmailでのデータ交換が500MBあった場合、残りの部分は13.5GBされる。 この枠組みが排出された場合は、新しい課金をすると、ストレージの最大容量を上げることができる。

しかし、Googleフォトの場合は話が違う。 あらかじめ決められた画質でアップロードすると、15GBのデータ容量を消費することができないのだ。

ちなみに、アップロード時に画質設定は、「元の」と「高画質」から選択することができる。この時、ソースを選択すると、無制限の対象から除外」高画質」を選択すると、無制限の対象となる。この事実から、「高画質」という名前だけでデータが圧縮されて画質が著しく落ちてしまうではないか…そんなイメージを持っているかもしれない。

しかし、ほとんどの大きな違いはない。 明らかにスペースを節約するために圧縮が実施されるだろうが、イメージの場合は、写真のサイズが16 MP(メガピクセル)を超えた場合に、16 MPまで縮小される。 しかし、元の16MPがかなり高画質。 一般的な使用であれば、心配するレベルではない。

動画の場合1080pを超える場合1080pに縮小される。 たとえば、iPhone12動画撮影は画質が720p・1080p・4Kに選択することができますが、日常の動画を4Kで撮影する場合はあまり多くないだろう。 基本的には1080p以下で撮影する人が多いと思われるので、普段づかいの動画であれば、「高画質」にアップロードしても問題ないだろう。

だから、Googleフォトは、これまでの画質を大幅に落とすことができず、無制限にアップロードすることができた。 それは来年6月から15GBのストレージ容量に含まれているものであり、ムジェハンヌンなくなった。

状況がまとめましたので、なぜ多くのユーザーがGoogleフォトを使用し続けるかどうか、その理由を触れてみよう。

撮影した動画や画像は、方式が効果がない

もしこれが “音楽を聞いてちょっとサービス」あった場合の話では全く違う。例えば、”無料で音楽を聴くことができ」を販売していたサービスが突然 “無料で聞くことはでき、1日5曲まで」などのシステムを変えたしましょう。 これにより、ユーザーは、他のサービスを検討する。 検討するだけでなく、手頃な価格のサービスがあればすぐに乗り換えるだろう。

READ  5G対応のゲームスマートフォン「Black Shark 3」の日本向けモデルが発売 - 携帯電話Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close