Google検索にAI回答をスキップする「ウェブ」フィルタを追加する

Estimated read time 1 min read

GoogleのAIベースの検索エクスペリエンスは、今や誰にでもリリースされており、Webは再び以前と同じではありません。 しかし、「10個のブルーリンク」の上にこれらのすべての新しいレイヤーを追加することで、Googleは検索の新しい「Web」フィルタを使用してより単純なものに戻ることができます。

25年前にGoogleが設立されたとき、同社の検索エンジンは比較的単純な概念でした。 Googleはウェブをクロールして関連ウェブサイトを再インポートし、必要なものを見つけるのに役立ちます。 そのため、「Google」は会社名だけでなく動詞でもあります。 しかし、時間が経つにつれて元のビジョンが変わりました。

2024年のGoogle検索では、リンクの上に複数のレイヤーがあります。

一部の検索はショッピングの結果をもたらし、一部は読みやすい情報でいっぱいの「知識パネル」を取得し、一部はページ上部に目立つようにウェブサイトから抜粋したものを表示する「おすすめスニペット」を表示します。 そして今、AIの概要がブレンドに追加され、生成されたAIが検索結果を要約するために使用されます。 これは、多くの場合、検索自体をまったく終了する必要がないことを意味します。

Google は、ナレッジ パネルやおすすめのスニペットなどの AI の概要が検索の新機能であると述べています。

つまり、単にドラッグできるわけではありません。

AIの概要は、特に質問がある場合は多くの検索で表示されます。 これは、既存のWebリンクをページの下にスライドさせることを意味し、時には下の図のように完全には見えなくなります。

これにより、Googleは検索に新しい「Web」フィルタを追加することを確認しました。 この新しいフィルタは画像、ビデオ、その他のさまざまな検索フィルタのように機能しますが、目標はWebリンクのみを表示することです。 質問に対する具体的な回答を得ることはできませんが、以前は検索に集中していたように、ウェブ上で希望の回答を見つけることができます。

この新しいウェブフィルタがいつGoogle検索にリリースされるかはわかりませんが、AI概要のリリースに同梱されているようです。

Googleは、ユーザーが検索の追加機能が役に立つと思いますが、ユーザーが望むときにリンクを簡単に取得できるように、この新しいフィルタを追加していると述べました。

ベンに従ってください: Twitter/Xスレッドそして インスタグラム

FTC: 私達は収入を作成する自動アフィリエイトリンクを使用します。 もっと。

READ  自由で開かれたインド - 太平洋のためのクワッド重要:日本首相Kishida
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours