経済

Google進化した「Chromecast with Google TV」発表。7,600円 – AV Watch

新機種「Chromecast with Google TV」

Googleは18日、スマートフォンで動画などのコンテンツをTVにキャスティングたり、YouTubeやNetflixなどの動画サービスへの排他的アクセスしてTVに表示するChromecastの新機種「Chromecast with Google TV」を発表した。予約受付今日から始めで11月25日に発売する。価格は7,600円(税込)。カラーはSnow、Sunrise、Skyの3色を用意する。

日の出

TVとHDMIで接続して使用。 小型であるため、裏面などに隠す。 スマートフォンから送信されたコンテンツをTVで鑑賞することができ、新しい特徴は、OSに「Google TV」を採用している。

接続イメージ

Google TVは、基本的にAndroid TVと同じようなもので、アプリケーションをユーザーが追加して、ビデオサービスなどを楽しむことができる。 Android TV用アプリがGoogle TVは、ほぼすべての有効なならない。 Netflix、YouTube、Huluは、Amazon Prime Video、ABEMA、TVer、dTV、U-NEXTなどもサポートする。

Google TVだけの特徴は、強力なレコメンド機能を搭載。 ユーザーが契約しているサービスや、視聴履歴、所有しているコンテンツなどの情報をもとに、ユーザーに推薦するコンテンツを提示してくれる。 その際Googleアシスタントに「何を見ているといいと思う?」と尋ねる。

コンテンツを探すのも簡単されており、スマートフォンやPCで見たい作品リストを辞書に追加すると帰宅後、Google TVの画面にそのリストの情報が共有される。 これは、スマートフォンでの作品を検索し、家にすぐに見つけるの作品の視聴ができる。

画質も進化最大4K / 60pまで対応してHDR10、HDR10 + Dolby Visionをサポート。 ドルビーオーディオコンテンツをHDMI端子で通過することができる。

指定されたオーディオリモコンは本体だけでなく、TVやサウンドバーのコントロール、ボリューム調整、入力切替などの操作も可能である。

Chromecastを他のGoogle Nestスピーカーやディスプレイとグループ化することで、複数の部屋で音楽を同期して再生することができる。 グループは、Google Homeアプリケーションで行う。

外形寸法は61×162×12.5mm(幅×奥行き×高さ)。 重さは55g。

他のGoogle Nestスピーカーとディスプレイとグループ化し、複数の部屋で音楽を同期して再生することも可能

READ  プジョー3008の強化新型表情一新...欧州発表| 応答(Response.jp)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close