理科

Google HealthのAI研究 – 前立腺がん病理診断の性能向上| 医療とAIニュース・最新記事

前立腺癌の生検の病理診断AIの開発が各方面で行われている。 しかし、そのアルゴリズムを病理学のワークフローに統合されたときの影響は十分に解明されていない。 Google Healthの研究者は、「AIが病理学を補助し、前立腺生検の診断精度・効率・一貫性を向上させる」という研究結果を学術誌 JAMAネットワークオープンに発表した。

この研究では、20人の病理医による240人の前立腺生検の診断について検証された。 病理学泌尿器科領域専門家と非専門家の人が参加している。 その際、病理診断のAIサポートツールを使用して、前立腺癌の悪性度を分類するグリーソン等級グループ(GG)の病理学との間の一致率がGG1-5まで全体の70%→75%に上昇、特にGG1は72% →79%に上昇した。 また、AIサポートによって、腫瘍の検出性能が向上感度と特異度が上昇し、生検1件あたりの時間は13.5%減少し、診断効率が向上した。

米国で年間100万件を超えると前立腺生検からの結果、多くのGG1に分類される。 したがってGG1の診断性能の向上は、特に重要な意味を持つ。 また、泌尿器科領域の専門性を持った病理学の数は、大量の前立腺生検をすべて担当するのに十分するための専門知識がない病理学との間の診断に一貫性が担保されることが望ましいあった。 AIサポートツールが現場の課題を実際に解決することができるか、Google Healthの研究者は、実際の作業の過程でのAIの利用価値に注目した成果を見せ始めている。

前の記事AIが予測した「バリでち部COVID-19の治療効果」を実証する最新の研究
次の記事Zebra Medical Visionが新たなマイルストーン – クラウドベースのイメージAIを大規模展開に
TOKYO analytica

TOKYO analyticaは、データ科学と臨床医学に強い背景があり、健康増進を追求を目的とした技術開発と科学的な証拠の構築を主導する社会ベンチャーです。

The Medical AI Timesの記事の執筆は循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師と生命科学の研究者が中心となって実施次の2人の医師が監修ます。

1. M.Okamoto MD、MPH、MSc、PhD
信州大学医学部卒業(MD)、東京大学大学院専門学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ(University College London)の科学の修士優等(MSc with distinction)。 UCL visiting researcher日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。 医療専門家のデータ科学。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校(MD) 大学病院、米国メリーランド大テロ構造の袋を経て、現在は都内市販の病院に勤務。 専門泌尿器科癌治療バイオテロ患者の診断・治療、緩和医療、訪問診療。 泌尿器科専門医、日本体育協会公認スポーツドクター。

READ  トップが「1日1食」という決定する脳科学的な理由食べないほうが集中することができ| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close