技術

Google Payは、日本のスマートフォン決済リーダーを覆すことができます。

TOKYO-Googleの日本ピンテックサービスへの進出は、スマートフォン決済市場を急激に変化させてPayPayと、すでに大きな払い戻しを提供した後、お客様を確保するのに苦労している他の主要な現金のない決済会社に挑戦します。

金融と他の部門との間の障壁が低くなり、リード金融機関は、戦略を再考する必要があります。

米国の巨大技術企業GoogleはMetaps、Mizuho Bankなどが所有して東京に拠点を置く現金ない請求と支払いスタートアップであるPringを買収するために最後の交渉を進行中です。

Metapsは人工知能を使用しているアプリの収益化プラットフォームとして最もよく知られている東京に拠点を置くIT企業です。

Google Payはすでに日本で使用することができますが、スマートフォン決済サービスには、専用の決済機能がありません。 利用のためには、クレジットカード、電子財布、または他の決済手段を登録する必要があります。

日本のユーザー数は公開されておらずGoogle Payは登録ユーザーが4000万人以上のPayPayのような主要なキャッシュレス決済サービスに比べて低いプロファイルを維持します。

銀行はありませんが送金サービスを提供するPringを買収すれば、Google Payを銀行口座に接続して、独自の送金と支払いサービスを提供することができます。

日本のスマートフォン決済市場は、2018年頃、インターネットや通信会社の参入で急速に成長しました。 ペイメント・ジャパン協会によると、QRコードを使用した、全国キャッシュレス決済取引は、2020年に4兆2千億円(382億ドル)を記録し、前年比4倍に増加しました。

キャッシュレス取引の年間売上高は、クレジットカードの61兆円に比べてはるかに低かったデビットカード(2兆円)より高く、電子マネー6兆円に近接している。

PayPayとRakuten Payなどの大規模な決済サービスは、顧客を他のサービス、特に電子商取引に固定させようとします。 類似スマートフォン決済サービスについてお客様に他​​のボーナスポイントが提供されるため、返済プログラムを把握することは困難です。 いくつかのポイントは、特定のサービスにのみ使用することができ、他のポイントは、現金化することはできません。

日本のキャッシュレス決済会社は、多くの金額を返金して、顧客を置いて競争しています。 一時そのような事業が20件あったが、インターネット会社が統合を主導しました。

フリーマーケットアプリ運営会社Mercariは昨年1月、現金のない決済スタートアップであるOrigamiを買収しました。 日本最大QRコード決済会社であるPayPayは3月末会計年度に726億円の営業赤字を記録した。

払い戻しをベースとしたマーケティングが続けば、収益性がまだ把握することは困難です。 Googleは、すでに日本に数千万人のユーザーを保有しており、決済市場に進出するとの競争が激しくなるだけです。 この会社は、日本でGoogle Payを海外でも使用できるようにする予定です。 米国のユーザーは既にインドとシンガポールに送金することができます。

フリンジは、強力な顧客基盤と名前の認知度が不足するが、ある消息筋は、Googleが「さまざまな企業のためにビジネスを行うオープンサービスデザインとユニークな戦略」に深い印象を受けたと述べた。 会社の送金アプリは、使いやすくサービス開発者によく知られています。

Googleは、他のサービスと技術を補完するために現金のない支払いを使用します。 米国のGoogle Payには、顧客に個別に製品と利点をお勧めする機能があります。 Googleは、日本の競争で行うことができない方法でサービスを混在させることができます。 たとえば、Googleマップを使用して周辺のレストランの場所を表示してお取り寄せすることができます。

インドでGoogle Payはすでにインド最大のオンライン決済会社であるPaytmに脅威となりました。 インド小額決済インフラの取引の35%を占めており、Paytmの11%を上回っています。 Paytmは月1億5千万人のユーザーを保有しているが、昨年の170億ルピー(2億2,800万ドル)の純損失を記録しました。

多くの金融サービスがデジタル化されることによって、既存の金融機関は、提携戦略も検討する必要があります。 Googleは、米国のCitigroupおよびシンガポールのOversea-Chinese Banking Corp.と提携しました。 しかし、連合が二つ以上の会社を含むことができる、日本では、柔軟性が必要です。

READ  「マインクラフト」で「はいアイコン "ワールドに行くことができるか。 8ヶ月の調査の末AI技術と人海戦術を引き出した答え| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close