理科

Groton地域の高校の教師がグローバル学習フェローシップを受けます。

Groton教師が2022年の全国教育協会グローバル学習フェローに選ばれました。

このプログラムは、ワシントンDCに拠点を置く非営利団体であるNEA財団が後援します。 これにより、全国の50人の教師が海外に旅に出ることができ、そこから様々な視点を習得して授業計画に統合し、学生が世界市民を準備することができます。

高校化学の教師であり、Groton Area High Schoolのシニア議論コーチのKristen Gonsoirはサウスダコ弾で最新のフェローシップを受け、来年の夏に南アフリカ共和国への旅行を去る予定です。 彼女は以前に2019年に日本 – 米国の情報通信技術の教師の交換Fulbrightプログラムに選ばれた。

高校社会科学の教師であり、Central High Schoolの議論コーチのKerry Kondaは2019年フェローシップに選ばれた。 彼はワシントンDCで4日間の訓練を終えて12日間の旅行のために南アフリカに行きました。

旅行中Kondaは、南アフリカ共和国の教育システムと気候変動と移民法について学んだ言いました。 以前のインタビューで、彼はケープタウンとヨハネスブルグのような南アフリカのいくつかの地域では、いくつかの学校、刑務所やアパルトヘイト博物館を訪問することになっ言いました。

READ  NASAが多様性を祝うながら宇宙飛行士であり、SpaceXの乗組員であるVictor Gloverは、長期ISS旅行に着手した最初の黒人宇宙飛行士になった気分に話しました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close