技術

Group14 Technologies、日本と韓国の新しい支社を設立し、国際バッテリー市場での拡大加速

WOODINVIL​​LE、ワシントン州。2021年3月19日 / PRNewswire / – リチウムイオン市場のためのシリコン – 炭素複合材料のグローバルサプライヤーであるGroup14 Technologiesは、新しいオフィスを介して会社の国際拡張を発表しました。 横浜、日本のソウル、大韓民国。 APACの幅広い主要家電製品や電気モビリティメーカーでは、国際拡張はGroup14を高性能リチウム – シリコン電池材料の増加する顧客の需要を満たすために、世界の主要サプライヤーとしての地位を確立しました。

「アジアの電気自動車のバッテリー市場支配力のために、私たちの立場を国際的に拡大することにした決定は、チームに容易な決定でした。」 グラントレイ、Group14 Technologiesのマーケティング担当副社長。 「今回の措置を通じて、既存のAPACの顧客との関係を強化し、最も大きく急速に成長する家電製品やEV市場で新規顧客を獲得することができます。 “

陽極電池材料のリーディングサプライヤー、Group14の画期的なリチウム – シリコン技術、SCC55、高性能リチウムイオンベースのストレージの増加世界的な需要を満たすために、ボリュームごとにはるかに多くのエネルギー密度を提供することを約束します。 同社は過去3ヶ月の間、ほぼ20人のチーム・メンバーを追加して急速に拡大しており、今年の会社が生産を増やし、チームをさらに成長させることが期待されます。

Group14は、複数の足跡があります。 アジア; 韓国 SKマテリアルズは、シリーズBを導き、初期資金調達は、に本社を置く、世界最大の家電製品用のリチウムイオン電池メーカーであるAmperex Technology Limited(ATL)をはじめとする世界的な製造リーダーがリードしてきました。 中国の、グラファイトの最大のメーカーであるShowa Denkoは 日本の

「より高い性能の電池の性能は、バイクで軽量トラックに至るまで、すべてを電気化するための鍵です。」 リック・ルーベ、Group14 TechnologiesのCEO。 「全世界的に内燃機関とのコスト同等性が可能になる今後の電気自動車導入が急速に加速されます。 ”

Group14 Technologiesについて
今後すべてのものの電気化を可能にするために、2015年に設立されたGroup14のバッテリー材料の革新は、リチウムイオン駆動装置と車両に新しいレベルのエネルギー性能を提供します。 新しいドロップイン(drop-in)用意されたナノ物質と信頼性の高い産業規模工程でエネルギー部(Department of Energy)で認めGroup14は、すべての使用事例の性能を備えた完全電気未来へのグローバル移行をサポートします。 会社の投資家にはATLは、BASF、Cabot Corporation、Showa DenkoとSK Materialsがあります。 私たちを訪問してください www.group14.technology

出典:Group14 Technologies

READ  「ワンシーン "PlayStation 4版の正式リリースが9月28日に決定した。事前登録受付は本日開始

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close