GYMNASTICS/日本人男性最高の目標は、中国を破ってオリンピック金メダルを獲得することです。

1 min read

東京2020で男子体操団体タイトルをたった一足の逃した日本は、最大のライバルである中国を破ってパリオリンピック金メダルを獲得するという覚悟を持っており、大会開幕まで一ヶ月残った状況を最優先目標としている。

3年前、ロシアは日本を0.103点差で勝ちました。 この数字はオリンピックに復帰し、その痛みを伴う記憶を消そうとする日本体操選手3人と彼らの監督の記憶の中に深く刻まれました。

万能タイトル保有者の橋本大樹は先週、東京でチーム訓練を終えた後、ロイターに「我々は0.103という非常にわずかな差で敗北する苦い経験を​​した」と話した。

「金メダルを獲得し、授賞台で景色を鑑賞したいです。」

しかし、日本と中国はロシアなしでウクライナ戦争への団体戦への参加を禁止しながら、複数の味がそれほど甘くないことがあります。

この3つの強豪は1952年ヘルシンキオリンピックから全男子団体戦金メダルを獲得したが、ソ連がボイコットした1984年ロサンゼルスオリンピックでは米国が金メダルを占めました。

水鳥久監督は「東京でロシアに0.103で敗れた後、我々は復讐心に力を入れてパリに向かって懸命に走ってきたが、彼らがそこにないというのが少し残念な部分もある」と話した。 元チームの金メダリスト。

「それでも私たちがメダルを獲得する大きな機会なので、私たちがしなければならないことをします。」

リオからパリまで

日本が勝利すれば、保有記録は8チームの金メダルに延長され、選手たちはバランスの取れたチームと中国より優秀な総合「D-スコア」(難易度スコア)のおかげでそうできると自信があると述べた。

6つの機器のチームのルーチンシミュレーションに基づいて、日本のDスコア集計が中国を凌駕する可能性が高いとミズトリは語った。 これは、残りの数週間の鍵は、ルーチンをトリミングして間違いを最小限に抑えることです。

東京マッサージで銅メダルを獲得した和馬カヤ(Kazuma Kaya)は「中国が長い間日本よりDスコアが高かったため、これはかなり驚くべきことだった」と述べた。

「そういう意味で今回は最強の5人のメンバーが誕生しました」

橋本が率いる日本は総点255.594点で10月世界選手権大会優勝を占めました。 これは中国よりも2点前だったが、準優勝者はエースである万能選手チャン・ボハン(Zhang Boheng)がなかった。

今回、オリンピック選手名簿に24歳のチャン(Zhang)が追加され、中国は強力な力になり、日本は間違いの余地がほとんどないとミズトリは語った。

Zhangは先週の訓練で60%の体力を見せたと言われた指の怪我に苦しんでいる橋本にお金を稼ぐために駆けつける予定です。

彼はパリの前に「痛みが完全に消えるとは思わないが、できるだけ100%に近づきたい」と言いながら、オールラウンドと水平バーのタイトルを守ることが目標だと付け加えた。 金メダル3個。

水谷氏は、パリ選手団の構成が、2016年の劉オリンピックで優勝した選手団と似ていると考えていると述べた。 この5人チームは、2012年ロンドンオリンピックで金メダルを獲得した4人の選手と白井健蔵という若い選手で構成されています。

水谷は「今回は経験豊富なメンバーと新規メンバーがいて、比較的似ていてバランスがとても良い」と話しました。

「そしてリウチームに(オリンピック7回メダリストコヘイ)内村がいたように、橋本もいるので、同様の結果が期待できると思います」

橋本とかやをはじめ、谷川和太郎、杉野高明、岡新之助(20)がチームに参加する。

機械体操は7月27日から8月5日まで行われ、男子団体戦決勝戦は7月29日に行われる。

READ  イタリアのDraghi、ガス貨物をヨーロッパにリダイレクトした日本に感謝
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours