H3ロケットの成功発射のために日本航空宇宙局を設立

Estimated read time 1 min read
読売新聞
日本航空宇宙探査局のプロジェクトマネージャーである岡田正志が茨城県筑波でインタビューしながら演説しています。

日本航空宇宙探査局(JAXA)のあるプロジェクトマネージャーは昨年3月、初のH3発射失敗から教訓を得て、木曜日に国家の新しい主力ロケットであるH3ロケットの2回目の発射を成功的に遂行することに決めたと述べた。

現在主力であるH2Aロケットの後続作であるH3は、長さ57mの大型液体燃料ロケットである。 しかし、何よりもロケットのエンジン開発には多くの困難がありました。

去る3月、H3の最初の発射体は、発射後約14分で2段階エンジンが点火されず、地上命令により搭載衛星と共に破壊されなければならなかった。

故障の原因を把握するのに約7ヶ月かかった。 JAXAのプロジェクトマネージャーである岡田正志(61)は「出口のない長い戦いだった」と話した。

岡田と彼のチームは、エンジンを制御する電気システムで過電流が発生したことを確認しましたが、問題の原因を特定するのが困難になりました。 彼らは、すべての可能な原因について広いネットを投げ、ロケットが破壊される前に得られた飛行データに基づいて、それぞれの可能な措置を着実に検証しました。

「私たちはネットの外に「魚」があると何が起こるのか分からないという恐れのため、ネットを投げ続けました。」と岡田氏は言いました。 恐怖を克服できるのは事実だけだと信じ、エンジニアとして確信を持つまで検証過程を続けた。

最終的に、点火系統の合線の可能性を含め、様々なシナリオを把握し、対策を講じました。

これは国内で初めて完全生産されたロケットであるH2以来、約30年ぶりに大型ロケットを新たに開発したものだ。

岡田は「今後ロケット開発のバトンは越えた」と信じ、H3の2次発射成功に拍車をかけている。

READ  オーロラは今週末にまたカムバックする予定です。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours