H3ロケット打ち上げ成功で日本の評判が高まる。 グローバル衛星市場で競争するためには、コスト削減が必要です

1 min read
読売新聞
3番目のH3ロケットは、月曜日の午後、鹿児島県谷鹿島宇宙センターで発射されました。

日本がグローバル衛星発射市場での地位を拡大するには、コストをさらに削減し、信頼性を確保することが不可欠です。

月曜日に、3番目のH3ロケットが政府の大地-4地球観測衛星を軌道に首尾よく進め、日本の新しい主力ロケットへの2番目の連続成功した打ち上げを記録しました。 しかし、実際のテストはまだ来ていません。

H3はもはやテスト車両ではありません。

最初と2番目のH3ロケットはテスト用と見なされ、3番目のロケットは本格的な操作のために最初に発射されました。

日本航空宇宙研究開発機構プロジェクトマネージャーの有田誠は、鹿児島県谷鹿島宇宙センターで開かれた記者会見で「これは今後の連続的な成功に向けた第一歩」と述べました。

JAXAが3回のロケット打ち上げ中に2回失敗した場合は、海外で日本のイメージが損なわれた可能性があります。 JAXA社長の広山川は安藤の口調で「発射は国内と海外で両方自信を持って見守ったと思います」と話しました。

JAXAと三菱重工業(株)は2014年にH3ロケットの開発を開始しました。 現在主力のH2Aが導入されてから約20年ぶりに、国内初の新しい大型ロケットでした。 総開発費は2,393億円に達しました。

しかし、新たに開発されたLE-9 1段エンジンを実用化するには多くの障害物がありました。 もともと2020年度に予定されていたH3ロケットの最初の打ち上げは2023年3月に延期され、結局2段エンジンが点火されずに失敗しました。

JAXAは約6ヶ月間失敗原因の調査を経て、今年2月2回目のH3ロケットを成功的に発射した。

最近の打ち上げは、H3ロケットが初めて大型衛星を宇宙に送る能力を実証しました。 これにより、H3がこの会計年度に退役する予定の現在のH2Aロケットに取って代わる道を開いた。

再利用可能なロケット

しかし、日本に対する本当のテストはまだ今後残っています。 政府は、H3を利用して防衛通信衛星と時々「日本GPS」と呼ばれる道内準天井衛星システムを軌道に入る計画だ。

2025年度以降、H3は重要な国際科学ミッションに参加すると予想されます。 たとえば、ロケットは日本とインドの共同任務のために月極地方の水資源を探査するローバーを運ぶ予定です。 また、火星の月の探査ミッションに参加し、その月にプローブを運ぶ。

約98%の発射成功率を記録したH2Aと同等のレベルの信頼性を確保することは、H3がグローバル衛星発射市場で競争するための最小要件です。

現在、市場は発射後に地球に戻る再利用可能なロケットを開発したアメリカの宇宙会社SpaceXが主導しています。 SpaceXと競争するために、世界的に新しい大規模ロケットが相次いで発射される予定です。

ロッキードマーティンとボーイングの米国合弁会社であるユナイテッド・ランチ・アライアンスが1月に初めてバルカンロケットを打ち上げました。

欧州宇宙局は7月にアリアン6ロケットを発射する計画だ。 ヨーロッパでは、価格面で競争力の高い再利用可能なロケットを開発しようとする動きがある。

内閣事務局によると、2022年に2,368個の衛星やその他の車両が発射されたが、これは10年前の数字の約11倍である。 ロシアのロケット打ち上げ場はウクライナ侵攻以来使用できず、衛星を送ることができなくなり、海外政府と企業はこの事業機会を活用しようとしています。

H3が競争に勝つためには、ロケットを上げるのにかかるコストを減らすために発射回数を増やす必要があります。

JAXAはH2Aロケットの年3回から年6回にロケットを発射する計画です。 目標は、H3をH2Aの半額である50億円で販売することです。 これによりJAXAはH3の競争力を高めることを目指します。

2つの主要な柱

政府は、H3を含む大型液体推進ロケットのほか、小型固体推進ロケットであるEpsilonを日本の主力としている。 現在、JAXAは強化された発射機能を備えたEpsilon S発射体を開発中であり、この会計年度下半期に新しい発射体を発射することを目指しています。

政府の戦略は、2つの主力ロケット、すなわち大型と小型の衛星を運ぶことができるH3と主に小型の衛星を運ぶEpsilon Sで市場を掌握することです。

しかし、再利用ロケットが未来にグローバル市場を掌握する可能性もある。 「スペースX以外の外国企業が再利用ロケットを開発すれば、日本のロケットは競争できないだろう」と東京理科大学航空宇宙工学科元教授の米本光一は語った。

政府は、1兆円規模の宇宙戦略基金を使用して、民間企業が独自のロケットを開発することを支援する計画です。 再利用可能なロケットやその他のロケットを開発するための公共および民間のフレームワークは、資金やその他のリソースを使用して強化する必要があります。

READ  プラズマジェットを噴出する超大質量ブラックホールの最初の画像
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours