技術

Hitachi Zosenソリッドステートのバッテリー、日本発売 – バッテリ駆動船の答え?

Hitachi Zosenは摂氏-40〜100度(-40º〜212ºF)までの過酷な温度で優れた性能を発揮できる膨大な範囲と能力を約束する、世界初のソリッド・ステート・バッテリーモデルのいずれかを披露しました。 これは、リチウムとイオンを利用した液体成分の伝統的な使用から離れてバッテリー技術の最大の成果の一つです。

(写真説明:PexelsのHilary Halliwellさんの写真)

ソリッド・ステート・バッテリー それは最も速いの一つであるため、コンピュータのパフォーマンスを向上させるために使用されている最新の技術で大衆化されたソリッドステートドライブ(SSD)とは異なります。 しかし、両方の共有する一つの要素があります。 つまり、内部コンポーネントが内部部品の移動の必要性を制限する堅固な材料で製作されたものです。

最初に、固体電池は、神話であり、電気自動車が熱にもかかわらず、コンポーネントがこれを引き起こすことができないため、範囲を拡大して、火災や燃焼の危険を最小限にするためのものです。 さらに新しいパワーセルは、内部が堅固で、液体を使用して電気を生成する現在のLi-Onセルよりも長く、電力を保持することができます。

また、お読みください: 「The Great Suspender」拡張機能の代替:5つのマルウェアないChrome拡張機能!

Hitachi Zosenの固体電池

バッテリー

(写真:Pixabay)

によると、 日経アジア、「Hitachi Zosen」という日本の会社が衛星と重工業車両に電力を供給することができる世界最高容量の固体電池を長期使用と応用分野でデビューしました。 また、この技術を宇宙企業に広報する計画であるため、すでにスターを狙っている。

Hitachi Zosenのバッテリーは、火災の危険が低く、電気自動車のパワーセルと同じほとんどの場合、および応用分野に使用される現在生産されてLi-On電池に比べて、より安全です。 また、同社は、日本の東京で製品を公開し、すでに開発と適用に複数の利害関係者を保有しています。

同社はすでに 日本の航空宇宙探査局(JAXA) 上記の低温条件での性能と機能をテストするために、宇宙からの新しいバッテリーをテストします。 また、Hitachi Zosenソリッドステートのバッテリーはすでに測定値から1,000mAhを出力しSSB業界で最も高い評価です。

宇宙用固体電池。

会社の目的は、巨大で、すでにこの世界を脱したものの 可能性を提供 宇宙船と人間が搭乗した船舶にすぐに使用される固体電池の宇宙船​​は宇宙空から探索する他の地域に向かって移動するとき、ジェット燃料やバッテリーの電力で交互に使用することができます。

実際には、世界の技術は、メガトン宇宙船を空と大気に持ち上げることができる力と推進力が不足するため、まだ完全電気船に使用準備ができていません。 しかし、宇宙での使用は、国際宇宙ステーションのように車両がどこに行くの推進力を提供するのに十分することができます。

関連記事: Tesla EV用QuantumScapeの高速充電バッテリー? Tesla共同創設者、新しいソリッドステートパワーセルに拍手を送ります!

この記事はTech Times帰属します。

イザヤアロンゾが脚本を引き受けた作品

ⓒ2018 TECHTIMES.comすべての権利を保有。 許可なく複製しないでください。

READ  iPhone 12 mini(仮)で「期待することができそうにない」5つの新機能まとめ - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close