Hochul知事がDutchess郡に8,000万ドル規模のDassai Blue Sake Breweryをオープン発表

1 min read

Kathy Hochul知事は、今日、高級日本酒メーカーDassaiがダチス郡のハイドパークに8,000万ドル規模、55,000平方フィート規模の最先端のビール醸造所およびテイスティングルームをオープンし、新しいアメリカブランドであるDassaiの発売を祝ったと発表した。 青。 過去30年間、Dassaiは日本、アメリカ、世界中で指数関数的な成長を経験しました。 ニューヨークの醸造所を開くことは、グローバルな日本酒市場への最近の拡大です。

「ニューヨークの自家製飲料メーカーは、雇用創出、観光、地域経済の成長のためのエンジンです」 ホチョル知事は言った。。 「DassaiのMid-Hudson地域への拡大は、農業関連企業におけるニューヨークの国内および国際リーダーシップに基づいており、この産業に歓迎される追加となるでしょう」

ニューヨークでDassaiの成長を促進するために、Empire State DevelopmentはExcelsior Jobs Programを通じて日本ベースの醸造所に最大588,235ドルのパフォーマンスベースの税控除を提供しました。 Dassaiはこの施設に8000万ドル以上を投資し、32の新しい雇用を創出します。

ジュンマイダイギンジョ専用酒店 ドッサイは最高レベルのプレミアム酒で評価されます。 日本酒の標準である山田錦米100%で作られたDassaiは、依然として手作りの酒の方法を活用してバッチ別に酒を作り、自家製麹を使用し、それぞれの小さなタンクで発酵させます。 しかし、ブランドはまた、おいしい味とプレミアム品質を達成するために詳細な分析と技術を使用しています。 このように高級酒だけを生産する酒醸造所は日本でも珍しく、ドッサイブルーはアメリカで初めて誕生しました。 櫻井は新作を「ドットサイブルー」と名付けました。 これは、日本のことわざ「側光染料」から取ったものです。 それが派生した側光植物よりも青い」

Hyde Parkの5 St Andrew Rdに位置するDassai Blue敷地は、醸造所と精米施設の2つの建物で構成されています。 インテリアは美しさと機能性の両方を念頭に置いて設計されており、訪問者はさまざまな生産室を覗く複数の窓から醸造プロセスを観察できます。 外のデザインは、精米所のブリキ屋根と火に焼かれた杉の壁に見られるように、現代と伝統が混在しています。 木材の使用は、ハイドパークの周囲の自然環境と調和して日本の要素を統合します。

Dassaiはまた、米国内の日本酒の教育と意識を高めるために、ハイドパークにあるCIA(Culinary Institute of America)と協力しています。 パートナーシップの一環として、彼らはカリキュラム、認定プログラム、公開レッスンを開発しました。 日本は日本社会で重要な役割を果たしているため、この新しいユニークなプログラムは、CIA学生、食品愛好家、食品業界の専門家、その他のミッドハドソン地域訪問者のための日本料理と文化教育をさらに発展させます。

ニューヨーク州のEmpire State Developmentの社長兼CEO兼国長のHope Knightは、次のように述べています。 「Mid-Hudson地区はアメリカで最も古いワイン製造地域の本拠地であり、毎年何千人もの訪問者を引き付けており、Dassaiの最先端の酒醸造所を建設するのに最適な場所です。 Dassai Blueは、ニューヨーク州で誇らしげに生産されるユニークでエキサイティングな製品になり、間違いなく地域経済を活性化するツアーや試飲会で最高の場所になります。

ニューヨーク州主流庁の庁長であるLily Fanはこう述べています。 「Dassai BlueのHyde Parkへの投資は、Hudson Valleyが自家製飲料製造のための最高の場所であるという証拠であり、私たちの経済を成長させるために主機関と企業を一つに集めようとするHochul知事のリーダーシップと献身を示すもう一つの証拠です。 この投資は、Dassaiの世界的に有名な日本酒を私たちの州に紹介するだけでなく、雇用を創出し、経済発展を創出し、地域観光を促進します。

大西会長の桜井宏はこう語った。 「私たちは、Kathy Hochul知事とEmpire State Developmentの支援に心から感謝したいと思います。 」

アメリカ料理研究所の会長チーム・ライアン(Tim Ryan)博士はこう述べています。「DassaiがCIAのすぐ下に最初のアメリカの事業所を設立することに決めたことを光栄に思います。 私たちは彼らをここに連れて行くことに非常に懸命に取り組んでおり、継続的な協力により、人々は日本酒がどれほど多目的で食品指向であるかを見つけるのを助けることができると期待しています。

ニューヨークは現在、すべての部門で自家製飲料製造業者の数で米国内のトップ5位に入っています。 この州は、発酵リンゴの生産者数側で米国1位、手作り蒸留所および醸造所側で2位、総ワイナリー数側で米国4位を記録しています。

Dassai Breweryの追加は、訪問者が酒醸造技術を体験するための旅行を計画することを奨励し、他の地元の観光スポットや目的地への休暇を補完することによって州の観光努力を支援します。 観光は州経済にとって非常に重要です。 今月初め、Hochul知事は2022年に記録的な観光数を発表しました。これは、ニューヨーク州の歴史上最も多くの訪問者数が直接支出で786億ドル以上、総経済効果で1,230億ドル以上を創出したものです。 この数値は2021年に比べて大幅な増加を示し、観光、経済開発、公共安全、交通およびその他の主要部門への知事の歴史的な投資により、コロナ19ファンデミック移転である2019年に樹立された移転記録を凌駕します。

Michelle Hincheyの上院議員はこう述べています。 「大西ブルー酒醸造所(Dassai Blue Sake Brewery)の発足により、ハイドパークは今、北東部全体で最初の主要な酒醸造所の本拠地であり、アメリカ酒市場開発の重要な役割を果たしているところになりました。 このパフォーマンスは、自家製ドリンクの分野でニューヨークの評判を高めるだけでなく、Dutchess郡とHudson Valleyの経済全体に驚くべき成長の機会を提供します。 アメリカ料理研究所(Culinary Institute of America)と緊密な絆を結んでいるハイドパークにDassaiがあることは本当に光栄です。

Didi Barrett議員はこう述べています。 「私はハドソンバレーとニューヨーク全土でますます増えている自家製ビール醸造所にDassaiを迎えることを嬉しく思います。 最先端の酒醸造所に芸術的に改装されたDassaiの施設は、地元の住民と訪問者を引き付け、私たちの自家製飲料産業の成長に貢献します。

Dutchess County Agency William FX O’Neilはこう述べています。 「ハイドパークへのDassai Blue Sake Breweryを歓迎します。 私たちはここDutchess郡に最初の施設を持つことを光栄に思います。 このプロジェクトは、Culinary Institute of America、Town of Hyde Park、Dutchess County、ニューヨーク州の大胆な努力によって実現され、長い間空いていた古い食料品店を製造業と観光産業の両方を成長させる国際的な醸造所に変えました。 」

Dassai BlueとDassaiについて
Dassai Sakeは、酒生産の標準である山田錦米、「工芸」方式を活用した米、すなわちバッチ別に酒を作り、手で麹を作り、小さなタンクに酵母スターターを入れて作った最高級ジュンマイダイギンジョ酒です。 もともと醸造所は1700年代に設立され、現在も日本南部の山口県岩国村の同じ場所にあります。 明治時代の1800年代後半に桜井家がこれを受け継いで、桜井酒類販売店として酒醸造事業を始めました。 第二次世界大戦が終わった後、1948年に彼らは櫻井宏が家の3大CEOとなった朝日修蔵を設立しました。 広島の在任のもと、Dassaiというブランドが発売され、14年以内に小規模な地元工芸酒ブランドに成長しました。 アメリカ、香港などに輸出を開始し、国際的なセンセーションを起こしました。 2015年、櫻井和宏(Kazuhiro Sakurai)が父親の後に続いて4代のCEOに就任。 Dassaiは現在、生産量と販売量の両方で日本の10代のサケブランドに選ばれました。 コアファミリーには、精米率を反映した数字を含むDassai 23、39、45、Dassai Sparkling、Dassai Beyondが含まれます。

READ  すべての組織で多様性、公平性、包容性を促進するのに役立つ3つの措置
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours