トップニュース

Huismanが日本で初めてのモノファイルグリッパー契約を締結


2022年11月15日

©フィスマン

オランダのエンジニアリング会社であるHuismanは、 TOA Corporationと大林 日本で ~のため 配達yの 沿岸風 onopile グリッパー

「それだけ グリッパーを使用すると、TOAとObayashiがなくてもモノファイルを裏返してインストールできます。 個別の反転バケットを使用して、安全性と効率性を向上させます。
ボアに対する作戦rd”とHuismanは言った。

Huismanによると、そのmonopileグリッパーは日本で使用される最初のグリッパーです。

グリッパーは、TOAとObayashiの独自の昇降プラットフォームに取り付けられています。 (SEP)、1,250m Huismanスタンドマウント型クレーンが装備されています。 ©フィスマン

このHuismanミッション機器entは日本の転換に重要な役割を果たすでしょう。 再生可能な未来に向かって。 グリッパーは最大直径8mのモノファイルを完全に処理できます。 SEPの能力を活用します。 Huismanは特別な注意を払った。 最適化 あなたグリッパーとクレーンが制御する待機中のプロセス ソフトウェアは、システムを確保するために互いに通信 全体的に
限界内で動作します。」とHuismanは言いました。

ティモン・リグテリンク、Huismanアジア太平洋コマーシャルディレクター:「私たちは日本で最初のモノファイルグリッパー契約を獲得することができてとても光栄です。 この注文は、TOA CorporationとObayashiとの長年にわたって開発されたパートナーシップの結果です。

「Huismanが製作したクレーンと共に、グリッパーは日本海域でモノファイルを安全に裏返して設置できるようにし、国家のエネルギー転換を加速します。楽しみにしています。一緒にグリッパー」

READ  セルティックの日本株式上昇

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close