スポーツ

Huskerバスケットボール選手、東京オリンピック出場

ネブラスカ州リンカーン(KMTV) – ネブラスカ陸上部で発表した資料によると、Husker男子バスケットボールシグネチャKeisei Tominagaが東京オリンピックで3×3のバスケットボールチームでの操業に選択された4人の選手の一人に選ばれました。

部門のリリースで詳細をご覧ください。

3×3バスケットボールが東京でオリンピックデビューをしながら6フィート2、190ポンドガードのトミーいく4人の日本チームの末っ子メンバーです。 彼はAleks Maric(2012年、オーストラリア)とAde Dagunduro(2012、ナイジェリア)に参加して五輪に出場する3番目Huskerバスケットボール選手になることです。

3×3大会は7月24日から28日までの8強戦で、最初の4日間フルプレイで行われます。 準決勝、銅メダル、金ゲームは7月28日に行われる予定です。 日本は8強前に別の7つの予選チームとフルプレーをします。

ネブラスカで3シーズンの資格を持つようになるTominagaは、過去2シーズンのRanger(Texas)Collegeで過ごしたプログラムを22-4記録を立て、2021年NJCAAナショナルトーナメント準決勝に出場しました。 彼は2チームNJCAA Allを獲得しました。 – 米国は2021年51%シューティングゲーム当たり平均16.3点、ゲーム当たり3点(3.4 / gm)で9位、3点の割合(48.7)で19位を記録しました。 彼はNJCAAオールトーナメントチームで国準決勝26点を含む試合当たり平均20.3点、3.5リバウンド、2.5アシストを記録した位置を占めていました。 学校で2シーズンの間、彼は198個の3得点を記録し、その期間中に48%の打率を記録しました。

2020年8月、日本最高の有望株で構成された、日本B代表に指名されることによって、オリンピックは、母国で座っミンガの上昇を続けています。 以前は、日本のU-18チームに出演しました。 アジア選手権大会で試合当たり平均19.3点を記録し大会のすべての選手の中で5位を獲得した。 Tominagaはトーナメントで3回20得点試合を払って、日本を5位に導き、バーレーンとの試合で33点を記録した。

すべての最新情報を表示するには、今すぐアプリをダウンロードしてください。

最新のニュースや天気予報を受信トレイに直接受けましょう。

READ  マスクも、心配もありません。 東京を準備するオーストラリア人

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close