トップニュース

IAEA、日本政府と福島放流水処理の議論

国際原子力機関(IAEA)タスクフォースチームは、月曜日、日本政府とトリチウムを含む処理水を故障した福島第一原発から海に放流する計画について意見を交換した。

金曜日まで滞在する予定のIAEA代表団は、火曜日2011年大震災と津波でひどく被害を受けた発電所の水に対する安全検討を行う予定だ。 この検査は、排出計画が国際安全基準に従って公衆衛生や環境に害を及ぼすことなく進行することを確認することを目的としています。

発電所で溶融した原子炉燃料を冷却するためにポンプに入った後、汚染された水が複合施設に蓄積し、現場の雨水と地下水と混合した。

東京は去る4月、三重水素を除いた放射性核種を除去する先端液体処理システムで処理された水を来年から希釈後、太平洋に徐々に排出することに決めた。 中国と韓国、地域の漁業コミュニティはこの計画に反対しました。

プロセスの透明性を高めることを目指すIAEAチームの安全検討も、最初は12月中旬に予定されていましたが、感染性の強いコロナウイルスのオミクロン変種が急速に広がりながら延期されました。


関連する適用範囲:

日本、福島噂被害補償規定施行

元東京電力経営陣、控訴審で福島事態について無罪主張

東京エレクトリック、福島海上放流のための海底トンネル建設


READ  「モンスターハンターライズ」世界初の実機プレイが公開! 翔蟲と大友粉クなどの追加情報も[TGS2020]- ファミ通.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close