IAEA事務総長、放射能汚染水放流前津波被害日本原発訪問

1 min read

TOKYO(AP) – 国連原子力事務総長は、処理された放射性水を海に放出しようとする議論的な計画の安全性を機関が確認した後、水曜日津波で難破された日本の原子力発電所を訪問する予定です。

ラファエル・マリアーノ・グロッシ(Rafael Mariano Grossi)国際原子力機関(IAEA)事務総長は、4日間の日本訪問のハイライトである福島第1原発に向かう途中、政府及び公益事業関係者と共に市場と漁業協会指導者たちの懸念を聞いて計画の実行を確信させる予定だ。 安全。

IAEAは 火曜日に発表された最終報告かなり希釈されていますが、まだ少量の放射能を持つ排水を排出する計画は国際基準を満たし、環境と健康への影響はわずかです。

しかし、地元の漁業団体は、漁獲物が汚染されていなくても評判が損なわれることを懸念して、この計画を拒否しました。 また、安全上の問題と政治的な理由から、韓国、中国、一部の太平洋諸島諸国の団体にも反対しています。

福島漁業協会は6月30日、処理水放流計画に対する拒否が変わらないという決議案を採択した。

Grossiは、火曜日の記者会見で、IAEAは数十年にわたって行われる水の放出を監視し評価し続けると述べた。 彼は「私は透明性を信じ、開かれた会話を信じ、私たちが遂行している訓練の妥当性を信じる」と話した。

報告書は「包括的、中立的、客観的、科学的に健全な評価」とGrossiは言った。 「私たちはそれについて非常に確信しています。」

2011年3月11日に発生した大地震と津波で福島第一原発の冷却システムが破壊され、原子炉3基が溶けて冷却水が漏れ続け、汚染されました。 水は約1,000のタンクで収集、処理、貯蔵され、2024年初めに容量に達します。

政府と発電所の運営者である東京電気電力会社ホールディングスは、偶発的な漏水を防ぎ、発電所の解体のためのスペースを確保するために水を除去する必要があると述べた。

日本の規制当局は先週最終安全検査を終え、TEPCOは数日以内に放出許可を受けることが予想されます。 その後、プラントから海底トンネルを通って太平洋沖の1キロメートル(1,000ヤード)の場所まで水を徐々に排出することができます。 しかし、国内外の反発で開始日は未定だ。

Grossiは、廃水を処理、希釈、徐々に放出することが、中国、韓国、アメリカ、フランスを含む他の国で原子力発電所の特定の放射性核種を含む水を処理するために広く使用されている実証された方法であると述べた。

福島廃水の大部分は、セシウムや他の放射性核種を含んでいるが水から分離することができない三重水素を除くすべての水について国際基準以下にするためにさらに濾過されます。 その後、海水で100倍希釈して放出します。

科学者の中には、放射性核種への長期低線量暴露の影響はまだ知られておらず、放出遅延を促していると述べている。 他の人々は退院計画が安全であると言いますが、サンプリングとモニタリングにはより透明性が必要です。

岸田文雄日本首相はグロッシ長官と会談後「日本は国内外的に高い水準の透明性を持って科学的証拠に基づく詳細な説明を提供し続ける」と話した。

グロシー長官は日本訪問に続き、韓国、ニュージーランド、クック諸島なども訪問して懸念を解消する予定だ。

山口まり、AP通信

READ  これらの幸せな配信やテイクアウトはECQブルースを自宅から離れ維持し - Manila Bulletin
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours