トップニュース

IAEA関係者、福島第1原発放流検討のために来日

国際原子力機関(IAEA)の管理者は、今週日本を訪問し、福島第一原子力発電所で計画された処理水排出の長年の検討を正式に開始します。 2023年に開始すると予想される処理水の排出前、中、後に日本を支援するための検討と監視のサポートの一環として、エージェンシーの最初の任務です。

リディエブラド(Lydie Evrard)IAEA副社長兼原子力安全安全保障局長とグスタボ・カルーソ(Gustavo Caruso)IAEAプロジェクト調整局長が率いるIAEAチームは、東京で関係者との会合をして福島第一を訪問する予定である。 現場の専門家と技術的詳細を議論して、化学物質庁の検討のために主な活動と関心位置を観察します。

IAEA事務局長であるRafael Mariano Grossiは「国は、日本が今後数十年の間に水を排出する操作全体が国際安全基準と一致する方法で実行されるように支援している」と言いました。 「今週の任務中に、チームは、安全かつ透過的な方法で退院が行われるようするために、特に現場で検討スケジュールについて議論することです。」

日本が処理水を海に放流することにした決定は、今年4月に発表された。 その直後、日本は、人と環境を保護し、全世界的に調和のとれた高いレベルの安全性に貢献する国際安全基準に基づいて排出が行われるように、IAEAの支援を要請しました。

副局長は「IAEAの検討は、様々な背景と豊富な経験を持つシニア専門家を動員して、国内および国際的な利害関係者にタイムリーに放流安全に関する関連あり包括的な情報を提供する」と述べた。 エブラド。 「これはまた、透明性に貢献であり、したがって、水の排出の安全性に対する国民の信頼を構築することです。」

東京でIAEAのチームは、日本原子力規制庁、経済産業省、外務省の高官らと会う予定だ。

Ms Evrardと記者会見は9月9日15:15(現地時間)に生中継される予定です。 詳細については、こちらから確認できます。

IAEAが今後数年の間に提供する技術サポートの委任条件は、7月に合意された。 協定に基づいて、IAEAは、以下を含む、日本の退院計画の主要な安全要素を調査することです。

放出される水の放射線学的特性。

水の排出過程とそのロードマップの安全関連の側面。

人と環境の防護と関連して、放射線学的環境影響評価。

承認、検査、レビューや評価を含む規制制御。

排出に関する環境モニタリング。

IAEAの調整局長が議長となる加盟国の国際的に認められた専門家を含むIAEAタスクフォースが技術支援プログラムを監督し、処理水排出に関する計画と措置を検討するために構成されました。

2011年から機構は、放射線モニタリング、改善、廃棄物管理、解体などの分野で、福島第1原発で日本の努力をさらに支援するための技術サポートを提供しています。

READ  Microsoft、AppleおよびEpic Gamesの対立について、開発者とプレイヤーの保護の観点から、Epicのかよ。 連邦地裁に声明を提出

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close