[ICE TIME] 世界ジュニア選手権大会での日本の成功は、将来的に良い兆候です

Estimated read time 1 min read

SportsLookで完全な内容を読む – [ICE TIME] 世界ジュニア選手権大会での日本の成功は、将来的に良い兆候です

2月28日から3月2日まで台北で開催された世界ジュニア選手権大会は、日野丸がスケート世界の未来スターが競争するシングルメダルの半分を獲得しながら日本のもう一つの非常に成功したイベントを代表しました。

日本はカナダカルガリーで開かれた2023世界ジュニア大会で4つを獲得した後、2年連続断食メダルの半分以上を獲得しました。 これは群島の才能の深さを反映しています。

島田真央は韓国を破って世界ジュニアチャンピオンに上がった3番目の女性選手になった。 シンジア 3月1日金曜日。 上園レナが銅メダルを獲得した後、島田と一緒に授賞台に上がりました。 一方、3月2日の土曜日、男子部では中田理央(Rio Nakata)がギリギリな勝者敗北の末に銀メダルを獲得しました。 ソ・ミンギュ 韓国の。

結果は、日本が数年以内にシニアグループを強化するスケーターと一緒にジュニアランクで将来的に良い位置にあることを示しています。

世界ジュニア選手権大会
島田真央(AP/KYODO経由)


ウクライナ援助バナー

島田、世界ジュニア選手権大会に挑戦

島田は2年連続ショーの輝くスターでした。 15歳の選手は、ショートプログラムが終わった後、オープニングトリプルアクセルでミスをしたにもかかわらず、フリースケートでバランスのとれた演技で再び金メダルを獲得しました。

彼女はすぐに次のジャンプで難しいクワドラプルトループを着地することによって彼女の闘志を示しました。 その時点から、彼女の残りのプログラムは順調に進んだ。

広告


ウクライナ援助バナー

島田は勝利後、「最初のジャンプでミスをしてまだ6つ残っていたら精神的に少し大変だろう」と話しました。 「しかし、そこで失敗する練習はしなかったと思いました。」

島田は「今シーズンにこんなに大大会に出場できて本当に嬉しい。私としては連続優勝ということを知っていた。ショートプログラムで2位をして実感があった」と付け加えた。 本当に連続優勝をしたかったのに、本当に嬉しい」と話した。

2022年北京オリンピックの後、ISU規制の変更(2024-25シーズンからシニアスケーターの最低年齢を17歳に引き上げる)のため、島田は次のシーズンでもジュニア選手になります。 そして彼女は3年連続で世界ジュニアタイトルを獲得した最初の女性になることもできます。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの記事とポッドキャストを探す 彼の作家のページからX(以前のTwitter)で彼を見つけてください。 @sportsjapan

広告


ウクライナ援助バナー

READ  野球大谷翔平、開幕ヒット配信、MLBオールスター戦のときめき
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours