[ICE TIME] 中井亜美(Ami Nakai)とリオ中田(Rio Nakata)がバンコクジュニアグランプリで金メダルを獲得。

SportsLookで完全な内容を読む – [ICE TIME] 中井亜美(Ami Nakai)とリオ中田(Rio Nakata)がバンコクジュニアグランプリで金メダルを獲得。

昨シーズンのジュニアグランプリを席巻した日本は、8月25~27日の週末にバンコクで開かれたシーズン開幕式JGPで女子部と男子部とも優勝を収め、中断された部分から再開しました。

世界ジュニア銅メダリスト中井亜美(Ami Nakai)が8月25日金曜日、韓国のキム・ユソンを破って女金メダルを獲得しました。 一方、リオ中田(Rio Nakata)は、土曜日の男子優勝でフランスのフランソワ・ピトー(Francois Pitot)をわずか0.15点差で抜いて優勝した。

つまり、曲は同じままです。 それともそうです。

中井は総点190.65点でキム・ヨナ(189.92点)を抜いて優勝した。 キム・ヨナの同胞であるハン・ヒス選手は173.99点で3位、高木洋は171.61点で4位を占めた。

キム・ユソンはシーズン開幕戦のバンコクJGPで2位を占めた。 (ⒸISU)

15歳の中井はフリースケートで2回の間違いにもかかわらず、「Glimmer of Faith」と「Only Hope」を披露し、勝利を収めました。 中井は計画されたオープニングトリプルアクセルを倍増し、後でダブルアクセルを成功させましたが、繰り返し要素については得点を得ませんでした。 しかし、彼女は5つのきれいなトリプルを成功させ、彼女のすべてのスピンでレベル4を獲得しました。

ショートプログラム以後、中井がキム・ヨナを4.5点近く先行したのが彼女の勝利に決定的な役割を果たし、キム・ヨナはフリースケートで7つのきれいな3塁打を打ち勝った。

バンコクJGP金メダリスト中井亜美(ⒸISU)

中井はトリプルアクセル向上を目指す

中井は優勝後のインタビューでISU JGP進行役テッド・バートン(Ted Barton)に「今日初めてトリプルアクセルを爆発させたので、次のジュニアグランプリでも着地するだろう」と話した。

中井は「最初のミスの後、感情に集中せずにプログラムの残りの部分に集中しようとした」と付け加えた。

バートンは、中井に、イスタンブールで開かれる次のJGPミッション(9月6~9日)に先立ち、どのような作業をするか尋ねました。

広告

中井は「練習を多くして実力を向上させ、トリプルアクセルをより頻繁に着地できるように努力する計画」と話した。

SportsLookで全内容を読んでください。

著者:ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの記事とポッドキャストを探す 彼の作家のページからX(以前のTwitter)で彼を見つけてください。 @sportsjapan

READ  PlumのScott McGoughが米国オリンピックの野球チームに赤、白、青を塗られた栄光
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours