[ICE TIME] 坂本香織が率いるチャレンジカップ日本代表団

Estimated read time 1 min read

SportsLookで全内容を読む – [ICE TIME] 坂本香織が率いるチャレンジカップ日本代表団

坂本香織は、56年ぶりに世界3連覇を達成した女性になるための挑戦に着手する前の最後の準備過程を通じて、2月23日の週末オランダのティルヴィュルフで行われるチャレンジカップで氷板を占める予定です。 25.

坂本は、2023年の女子大会で日本の表彰台を一掃し、今回も金メダルを獲得する可能性が高いです。

モントリオールで開かれる世界フィギュアスケート選手権大会(3月18~24日)に出場し、1966~68年米国ペギーフレミングの3連世界タイトルを狙う23歳の坂本も同胞と合流することになります。 青木ゆな 北欧都市旅行のために

チャレンジカップ女子ショートプログラムは2月24日土曜日に開催される。

坂本と青木の主な競技者は、2023-24シーズンの両方のグランプリイベントでメダルを獲得し、GP決勝で4位を獲得したベルギーのNina Pinzaroneから出る可能性が高いです。

広告


ウクライナ援助バナー

智乃智希と坪井達也は、金曜日に始まる男子競技に出場し、どちらもメダルを獲得することができます。 日本のデュオはカザフスタンの最大の挑戦を見るでしょう。 ミハイル・シャイドロフ11月カップオブチャイナで3位を獲得しました。

友野一樹(©KYODO)

三浦・木原、チャレンジカップ不参加

シーズン開始が遅れた後、2月上旬に上海で開かれた4大陸選手権大会で2位を占めた世界チャンピオンの三浦リク(Riku Miura)と木原龍一(Ryuichi Kihara)がティルヴュルフ賞1位を獲得しました。 しかし日本氷上連盟は世界選手権大会のための訓練に集中するためチャレンジカップから脱退したと水曜日明らかにした。

SportsLookで羽生ゆずるの最新ニュースを含む記事全体を読んでください。

関連:

著者:ジャックギャラガー
著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの著者ページで記事とポッドキャストを探し、X(以前のTwitter)で彼を見つけてください。 @sportsjapan

READ  ドジャースのエースクレイトンコショ、無打者の急増は、ゲームに良くないと言う
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours