スポーツ

[ICE TIME] 宮原聡子、平昌五輪に反映して、北京を控えて

~~

日本の技術革新は、コロナウイルスに対応するための新たな技術を開発しています

2018年のオリンピックで4位を終えた3年が過ぎた日本のチャンピオン聡子ちゃんを求めるまだそこでの経験が好きです。

6月30日(水)ニューヨークジャパンソサエティーが主催した「インサイドエッジ:日本とアメリカのスケートチャンピオンオンラインプログラムで宮を求める平昌オリンピックでの記憶について尋ねた質問にアイスタイムの質問に答えた。

「第最初の平昌オリンピックは私にワンダーランドでした。」宮原が明るく話した。 「とても面白くてエキサイティングな瞬間でした。 公演だけでなく、運動選手村に住んで、他の運動選手や他のスケーターたちとの時間を送信します。 私には本当に良い機会でした。」

ロシアアリやコック鳥羽、にブゲニアメドヴェーディーヴァ、カナダのケ偽オスモンドなど韓国での膜表彰台を終えた宮を求める彼女の人生の中で魔法のような瞬間に、オリンピックを振り返った。

“コンテストは、私にとても特別で面白かった。 「スケートをすることは夢の中でスケートするのと同じでした。」

このプログラムには、2回の世界チャンピオンであるMiki Ando、1994年に世界タイトルリストYuka Sato、2018年米国オリンピックチームの銅メダルリストMirai Nagasuが含まれており、1994年のオリンピックの銀メダリストNancy Kerriganが主催しました。

23歳のMiyaharaは今後のオリンピックシーズンのために自分の考えについて話しました。 彼女は日本のチームを作るために若いライバルからの挑戦に直面することになるでしょう。

「私の大きな目標は、北京オリンピックに参加することですが、このために必要な仕事を行うにはあります。」とMiyaharaは言いました。 「私はその大きな目標を持っているが、実際にそれを探しているわけではありません。 毎日集中しようと努力して、毎回練習して私すべきことをします。」

京都出身のMiyaharaは、今後のキャンペーンのために彼女のプログラムと衣装を言及しました。

「昨年から無料のプログラム( “Tosca”)を維持してショートプログラム(今季の “Lyra Angelica」を使用)を変更する予定だが、ドレスの計画はありません。 [costume]、 “Miyaharaは言った。 「私は新しいものを作るのだが、無料で、他のデザインを作成すると思いますが、ショートプログラムの計画はありません。

多くのファンに “小さな女王”として知られている宮原がケリゴンのニックネームについて質問を受けた。

「このニックネームを持つされて、本当にうれしいです」と笑顔を作ったMiyaharaは言った。 「しかし、ニックネームにふさわしく、スケートに乗るというプレッシャーも感じました。 だから、私は私の考えでは少しの困難を経験したが、今はスケートで滑るの最良の方法は、私がスケートで滑る方法だと思います。 それが最も重要なことです。」

Miyaharaは自分の支持者たちからエネルギーを引き出し出すました。

「私は必要に応じてスケートに乗って人々がより快適に感じることができるでしょう。」とMiyaharaは言いました。 “すべての応援と多くのファンの方々が私をとても幸せになり、多くの力を与えた。”

羽生結弦、NHK杯でグランプリシーズン開始

2回のオリンピックチャンピオン羽生結弦は、東京で開催されるNHK杯(11月12日〜14日)でグランプリシーズンを開始し、モスクワで開催されるロシア・カップ(11月26〜28日)に出展します。 6月29日に発表されました。

スウェーデンGillis Grafstromに続いてオリンピック金メダル3連覇に続く羽生の道グランプリファイナル(12月9-12日)のために大阪に連れて行って、世界チャンピオンネイサンを2回会う可能性があります。 チェン。

米国は、来年2月に北京でオリンピック表彰台を占めるうえ羽生の主な障害となります。 陳は2018年平昌オリンピックでハン・ユロに続いて5位を記録した後、無敗である。

今季NHK杯は6つの年間GPのイベントの中で四番目となり、毎シーズン最終GPとして、従来の桁で上昇します。 NHK杯は2013年Daisuke TakahashiとMao Asadaがシングルタイトルを獲得した後、初めて東京に戻ってきました。

平昌五輪銀メダリストの宇野ショー氏今季のラスベガスでスケートアメリカ(10月22日〜24日)とNHK杯を獲得した。 後者は、韓愈と宇野が同じ正規GPで競争したのは初めてなので、注目に値する。 毎シーズンGP決勝に進出することができる最大のスコアを取得する機会を与えるためにHanyuとUnoは、日本スケート連盟によって互いに競争しないようにしました。

NHK杯に予定されて他の注目すべき名前ではアメリカ人Tomoki HiwatashiとVincent Zhou、韓国のチャジュンファン、イタリアのMatteo Rizzoがあります。

Hanyuは、ロシアのMikhail Kolyada、カナダのRoman Sadovskyが含まれているSochiでKeiji TanakaとKazuki Tomonoと競合します。

宇野は、ネバダ州でチェンと周と対抗、ここShun SatoとフランスのKevin Aymozもラインナップに来る。

Chenの第二のGPは、バンクーバーのスケートカナダ(10月29-31日)で開催されTanaka、Sota Yamamoto、HiwatashiとJason Brownも参加します。

昨シーズン大阪で国内スケーターのみNHKトロフィーを受賞した、世界銀メダリストのYuma Kagiyamaは重慶で開催されるChina Cup of China(11月5日から7日まで)とグルノーブルで開催されるInternationaux de France(11月19日から21日まで)でスケートを乗るされます。

昨シーズン、日本選手権大会で3位を占めたKagiyamaは、中国でのTomonoと合流してJin Boyang、Cha、Kolyadaと競合します。

Satoはフランスに旅に出るものであり、このリストにはAymoz、BrownとロシアDmitri Alievも含まれます。

スケートカナダ、NHK杯のためのリカキー平田セット

北京オリンピックで日本最高の女性のメダル希望者であるRika KihiraはスケートカナダでGPキャンペーンを開始します。 ここでWakaba HiguchiはKaren Chenと彼女のシニアGPデビューをする仲間のアメリカ人Alysa Liuともスケートに乗るされます。 また、昨シーズンの世界銀メダリストであるロシアのElizaveta Tuktamysheva、Alena Kostornaiaと2020年の世界ジュニアチャンピオンKamila Valievaもブリティッシュコロンビア州で競争する予定です。

Kihiraの第二のGPは、NHK杯で、これにはKaori Sakamoto、世界の銅メダリストAlexandra Trusova、Liu、韓国のYou YoungとLim Eun-sooが含まれます。

SakamotoはSatoko Miyahara、Yuhana YokoiとSkate AmericaからGPシーズンを開始します。 米国チャンピオンBradie Tennell、TrusovaとYouもSilver Stateから氷を占めています。

Miyaharaは次のようにMai Miharaと共にCup of Chinaのブーツを履けそうです。 ロシアAnna ShcherbakovaとTennellも重慶で冠を競うことになります。

Higuchiの第二のGPは、フランスでShcherbakovaとKostornaia、Tennell、ChenおよびAmerican Mariah Bellを含む厳しい名簿に対抗します。

昨シーズン、日本ジュニアチャンピオンであるリノ松池はロシア・カップで負傷し、昨シーズンに欠場した2019年の世界銀メダリストTuktamysheva、Valieva、Bell、カザフスタンElizaveta Tursynbaevaなど、強力な分野と競合する予定である。

日本のフェアリク三浦と龍一木原がスケートアメリカとNHK杯に割り当てました。

アイスダンサー小松眺めミサトとチームコレットトがスケートアメリカで競争する予定であり、村のモットーガーナと全シングルスケートスターだった高橋チームがNHK杯に確定された。

著者:Jack Gallagher

著者は、ベテランのスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケートの専門家の一人です。 検索 著者ページのJackの記事とポッドキャスト、 ここ、彼を見つける ツイッターで プンパンキュ

READ  ルノー、ホンダのF1撤退に「エンジンサプライヤーへの利点はほとんどない」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close