[ICE TIME] 日本で最高のスケーターが年次訓練キャンプで新しいシーズンを始める

1 min read

ストーリー全体を読む スポーツルック[ICE TIME] 日本で最高のスケーターが年次訓練キャンプで新しいシーズンを始める

2024-25スケートシーズンは7月5-7日、大阪府泉佐野の関西空港アイスアリーナで日本のエリートスケーターと招待ジュニアのための年次訓練キャンプとして公式に始まりました。 合計14人の選手(女性8人、男性6人)が参加しました。

3回世界チャンピオンの坂本洲は、安住せずに自分の技量をさらに発展させるために努力すると述べた。

「今シーズンはオリンピック前の重要なシーズンなので、オリンピックシーズンにつながることを願っています」 坂本はキャンプでメディアに語った。 「昨シーズンの成績は良かったのですが、内容を見てみるといくつかの否定的な側面があったので、今年はきれいな公演をして昨年より良い成績を収めたいと思います」

2022年北京オリンピックで銅メダルを獲得した24歳の坂本は、66年ぶりに4回連続世界タイトルを占めた最初の女性になるために努力しながら印象的な履歴書を追加したいと思います。 アメリカ キャロルハイス (1956-59)はこの成果を達成した最後の女性でした。

ハイスは1960年、スクワバリーオリンピックで金メダルを獲得した後、冬季オリンピック来月に5回連続世界選手権大会優勝記録を延長しました。

スケーター
スケーターたちは7月6日、大阪府泉佐野の関西空港アイスアリーナで訓練キャンプをしながら写真を撮っている。 (刑務所通信)

講師 Browning, Czisny が坂本に役立つポインタを提供

今年のキャンプの招待講師は、第4回世界チャンピオンのKurt Browningと彼の妻でした。 2回アメリカタイトルリストAlissa Czisny坂本氏は、ブラウニングやチスニーと連携して彼女の解釈能力が向上したと語った。

坂本は「氷の上で練習しながらプログラムの繊細なコツを学びました」と語った。 「ショートプログラムでは、ステップを踏むと物事の見方や顔の使い方を学んだので、シーズンを通してそうすることができることを願っています」

坂本の今シーズンショート番組は「Concierto del Angel」です。 彼女はグランプリキャンペーン中にスケートカナダとNHKトロフィーで競争します。

関連:

スケータースケーター
7月6日のトレーニングセッション中にアクションをとるゆまかぎ山。 (刑務所通信)

茅山、キャンプのチーム雰囲気を楽しむ

北京オリンピックの銀メダリストであるユマ・カギヤマは、日本選手団全体が一座に集まるという利点を述べました。

「私たちがエリート選手で構成されたチームとして一緒に練習する機会はありません。」 21歳の茅山が言った。 「私たちは男性と女性が混ざっていて本当に刺激的です。と思います。」

茅山は今シーズンのショートプログラムとフリースケートは共にロリー・ニコールが振り付けを務めたと明らかにした。

「ショート番組は「沈黙の音」というタイトルで、フリー番組はフラメンコアルバムから取った名前で、本当に素敵でした。」 茅山さんがコメントしました。 「タイトルからわかるように、ショートプログラムは静かなメロディーで始まり、私はそれに合わせて静かなエッジ作業で始まりました。ボーカルはステップから出て、動きが滑らかでした。したいです。」

桐山は「フリープログラムは私が初めてするフラメンコです。フラメンコは顔だけでなく手も重要で、手の形が多様でスピードを調節するのは難しいです」と付け加えました。

SportsLookで記事全体を読んでください。

関連:

著者:ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの記事とポッドキャストを探す 彼の作家のページからそしてXで彼を探してみてください(以前はTwitterでした) @スポーツジャパン

READ  ウズベキスタン、2回目の優勝を獲得した日本
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours