[ICE TIME] 日本は世界選手権で歴史を作れるだろうか?

1 min read

SportsLookで記事全体を読む – [ICE TIME] 日本は世界選手権で歴史を作れるだろうか?

ディフェンディングワールドチャンピオン 宇野翔と坂本香織が、3月22日水曜日、埼玉スーパーアリーナで開催される世界選手権大会で日本スケーター初の連続世界タイトルを獲得することに挑戦します。

公式練習は3月20日と21日月曜日と火曜日に開催され、世界のフィギュアスケート選手権大会は水曜日にフェアと女子ショートプログラムで始まります。

3回オリンピックメダリストの宇野と2回オリンピックメダリストの坂本は、彼らより先の日本スケーターのパンテオン(羽生ゆずる、浅田真央、高橋大輔、伊藤みどり)が2年連続優勝で成し遂げなかった何かを達成するために努力します。 世界の王冠。

宇野は今シーズンのグランプリファイナルと日本チャンピオンシップを含め、出場したすべての大会で優勝を獲得するなど、最高のコンディションを維持している。 25歳の彼は明らかに彼の能力の頂点にあり、万能の技術面で本当に彼に近いスケーターは世界にありません。

広告


Unoの主な挑戦者はアメリカのIlia Malininになります。 Malininは彼のジャンプ武器に四重アクセルを持っていますが、Unoが持っている全体的な才能が欠けています。 昨シーズンの世界ジュニアチャンピオンだった18歳の選手は、ショートプログラムでそれを密接に維持しようとし、彼がしっかりとしたフリースケートとUnoが揺れることを願っています。 それが金メダルに向かう彼の唯一の道であるようです。

SportsLookで記事全体を読んでください。

著者:ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの記事とポッドキャストを探す 著者ページからTwitterで彼を見つけてください。 @sportsjapan

広告


READ  サッカー - 森安は、日本が中国を相手に反発することを願いながら、肯定的な雰囲気を望んで
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours