経済

IEA、まだ調整された石油放出の議論中

2021年11月12日、東京都東一原にあるIdemitsu Kosan Co.の石油工場を航空写真で見せています。 この写真は京都が撮影した写真です。 必須クレジット Kyodo/REUTERS経由

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

4月5日(ロイター) – 国際エネルギー機関(IEA)加盟国が貯蔵庫から冷却市場にどれだけの石油を排出するかまだ議論していると3人の消息筋がロイターに伝えた。

いくつかの世界最高の石油消費国が貯蔵庫でどのくらいの石油を盗聴するかについての沈黙は、すでに制裁とウクライナ侵攻の余波で、ロシアの石油に対する買い手嫌悪で覆われた市場に混乱を加重している。

IEAはロシアではなく、ほとんど工業化された31カ国で構成されたグループで、ホワイトハウスが原油貯蔵庫から1億8000万バレルを放出すると発表した後、1日で共同放出に同意したが、生産量は明示しなかったと金曜日、明らかにした。 その歴史。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

原油価格は米国発表以来約6ドル下落し、ブレント油は火曜日バレルあたり約109ドルで取引されています。

不確実性に加えて、IEA加盟国のある政府の情報源は、加盟国の石油寄付は、米国がすでに発表した1億8000万バレルの一部と見なされると述べた。

別の情報源は、IEAが原油支出を議論するために各国と両者間の連絡を取っていると明らかにし、今回の流出が1億8000万バレルの一部なのか追加されるかに関する問題は依然不明だと述べた。

IEAはロイターのコメント要求に即座に反応しなかった。

ジョーバイデン米大統領は木曜日、米国の同盟国とパートナーが3千万~5千万バレルを追加で放出できると述べた。

調整リリース

米国エネルギー省は、金曜日5月から始まる米国戦略備蓄油(SPR)の該当量の公開スケジュールを発表しました。

金曜日に米国と同盟を結んだIEA諸国が発表した発表は、月に2回目の共同発表であり、IEA史上五番目に石油市場の中断に直面するだろう。

米国とIEA諸国の以前の放出が一斉に発表され、米国は6000万バレルを超える公約の約半分を供給しました。

その量は20億バレルを超える公共埋蔵量の約3%を占め、当時加盟国に属する産業体に対する義務がありました。

その中で、日本と米国が半分以上を保有しており、ロシアのエネルギーに大きく依存している欧州諸国が残りのほとんどを保有しています。

IEAデータのロイターの分析によると、加盟国の政府が管理する石油在庫は、3月1日の発表以前でも2005年以降の最低水準であり、米国SPR水準は2002年以来最低水準に落ちました。 L5N2VW20G

ロイターの計算によると、制裁、葛藤、インフラの障害により、世界中の石油供給の中断が1日500~600万バレル(bpd)に迫っているという。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ノアブラウニングの記事。 デビッドホームズ編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  門司港レトロ:北九州門司港遺産地区

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close