経済

iFi Audio、PCM 768 / DSD 512対応のDAC兼ヘッドフォンアンプ – AV Watch

EO NEO iDSD」

トップウィングサイバーサウンドグループは、英国iFi audioのDAC兼ヘッドフォンアンプ「NEO iDSD」を12月下旬より発売する。価格は95,000円。

iFi audioが新たに展開するミドルレンジ「NEO」シリーズの第1弾製品。 最大768kHzまでのPCMとDSD 512 MQAフルデコードをサポートしており、「洗練された回路は、家庭環境のすべてのオーディオフォーマットに輝くような音をお届けします」という。

付属のスタンドを利用した垂直にも対応

ロータリーコントローラーを装備

ケースはアルミ製で、横だけでなく、付属のスタンドを使用した垂直にも対応。 OLEDディスプレイを搭載し、再生する形式やボリュームレベルなどを表示する。 ディスプレイケースの縦/横認識して表示を自動的に切り替えます。 ロータリーコントローラも備える。

固定ライン出力可変ライン出力ヘッドフォン出力と3つの動作モードを備えている。 固定回線出力DACで使用すると、プリメインアンプとプリアンプに接続することができます。 可変出力ラインを備えたDACおよびプリアンプとして使用する場合は、パワーアンプ、アクティブスピーカーとの接続に最適だという。

ヘッドフォンユーザーは、優れたアンプステージを利用して、 “良い”ヘッドファイル “システム”を実現できること。

USB3.0 Type-B×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1と3つのデジタル入力端子を装備。 これらの3つの同時接続が可能で、Bluetooth 5.0をサポートします。

出力はXLRバランス×1、RCAアンバランス×1、本体背面に4.4mmのバランス×1,6.3mmアンバランス×1、本体前面に備えた。

バーブラウンのDACチップを基本としながら、新開発の低レイテンシーXMOSマイクロコントローラを採用。 これはUSB接続時DXD 768kHz / 32bit、PCM 765kHz / 32bitのほか、DSD 512/256/128/64をサポートする。 MQAフルデコードも可能。 光/同軸デジタル接続時最大192kHzのPCMとMQAフルデコードをサポートします。

Bluetoothはクアルコム製「QCC5100」と専用回路を組み合わせた「Bluetoothエンジン」を使用。 aptX HDとaptX Adaptiveほか、ソニーのLDAC Huawei社のLHDCなど「現在、すべての高解像度Bluetoothオーディオコーデック」をサポートします。aptXとAAC、SBCフォーマットをサポートします。

アナログ回路は、新たに開発された “PureWave」回路設計。 iFi audioで技術顧問を務めているジョン・カール氏が技術チームと共同で設計したものであると、超低歪みiFi特製の組み合わせ多層セラミックTDK C0Gコンデンサ、MELF薄膜抵抗器村田と太陽誘電インダクタなどが使用されている。

電源回路は、低ノイズ広帯域線形レギュレーションを採用。 ブランドのiPower AC / DCアダプタと組み合わせて大幅にノイズを低減することができているという。 NEO iDSDにiPower 5Vを含んでいる。

ライン出力インピーダンスはXLRが100Ω以下、RCAが50Ω以下。 ヘッドフォン出力は4.4mmバランスは68.6mW以上(600Ω)、1040mW以上(32Ω)。 6.6mmの不均衡が17.6mW以上(600Ω)、295mW以上(32Ω)。

外形寸法は214×146×41mm、重さは970g。

体の前

体の後ろ

READ  「無料」は永遠にないですか? 「Googleフォト」が無制限の保存を終了することを意味| WIRED.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close