経済

iFixitがApple Watch Series 6を分解します。 少し薄く、バッテリー容量が増加 – Engadget日本版

iFixit

本業の修理業より高度な機器の分解でお馴染みのiFixitが発売されたばかりApple Watch Seriesをすぐに分解したレポートを公開しています。

一見前モデルSeries 5と似たSeries 6であるが、血中酸素ウェルネスAppなど新機能をサポートするために、かなり大規模な内部調整と変更があることが明らかになっています。

まず、分解に着手初手も以前のモデルが上から下に破れ形だった一方、iPhone、だけでなく、本のように開く構造になっています。

S6

また、Apple Watchの常連だった減圧タッチ(画面をスライドさせて操作)用部品も削除します。 これwatchOS 7で減圧タッチが削除されたで予想された変化であるが、おかげで迷惑ガスケット(固定用シール)がなく、分解しやすくなったこと。 他の設計が簡素化されているので、ケーブルの数が減っているそうです。

注目すべきは、バッテリーの容量が増加していること。 まず44mmモデルは、以前のモデルよりも若干アップ(3.5%)して40mmモデルは、8.5%増加していることが確認。 それにもかかわらず、アップル公称バッテリー持続時間はSeries 5に示すように、1回の充電あたりの18時間に取付けされているので、あまり影響はないようです。

S6

Series 6でもう一つの大きな部分といえばTaptic Engine(触覚フィードバック装置を振動させて触覚を介して通知する方法)です。 今回は、100%リサイクルの希土類金属とタングステンを使用しているので、iFixit銀を賞賛しています。iPhoneのTaptic Engine再希土類採用を発表されていましたが(米・中の摩擦により、中国でのレアアース調達が難しくなることを警戒したという説もあります)Apple Watchにも採用された形です。

このように細部を調整した結果、Series 6 Series 6よりやや薄い10.74mmで10.44mmの厚さになっているとのことです。 また、注目の血液の酸素ウェルネス、つまり血中酸素飽和度(SpO2)を測定するセンサは、床に融合されており、iFixitは分解することができません。

S6

iFixit恒例の分解しやすさの評価は、画面交換することができ、電池交換のしやすさから10点満点で6点(Series 5も同じ6点)。 いくつかのフレックスケーブルSoCであるS6に直接接続されており、破損した場合には、熟練したマイクロソルダリング(微細なはんだ付け)を必要とするということが減点材料となっています。

ほとんどSeries 5便利だと思ったが、実は内部的にかなりの数の数が少し薄くなって少しバッテリーの心が良くなったということ。 全モデルをお持ちの方にも交換を検討している理由が増加したのかもしれません。

READ  The Week Ahead-重いデータ、中国の貿易、日本のGDP、台湾貿易

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close