エンターテインメント

Imagica Entertainment Media Servicesに日本初のDTS:X品質管理上映室開場

DTS:X技術で実装された新しい上映室を介して映画製作者は、映画観覧客のための没入型のオーディオ体験を作成検討することができます。

東京-2021年6月21日 – DTS次世代オーディオ、イメージング、および検出技術の分野の世界的リーダーであり、Xperi Holding Corporation(NASDAQ:XPER)(「Xperi」)の100%子会社インは、今日の日本での最初のDTS:X品質管理芯事実を改装したと発表しました。 日本最大のポストプロダクション施設であるImagica Entertainment Media Services(「IMAGICA EMS」)。

全体DTS:Xシネマシステムが今月品川市で改造するIMAGICA EMSの東京イメージングセンター劇場に統合されました。 これは、日本初の完全なDTS:X品質管理の劇場で、プロデューサー、配給会社が国内でDTS:Xバージョンのデジタルシネマパッケージ(DCP)を製作し、品質を確認できるようにすることで、DTS:Xサウンドトラック制作や展示の成長生態系をサポートします。 コンテンツパートナーは現在、最先端の施設でDTS:Xオーディオ形式でリリースされた地域とハリウッド映画を上映して検討することができます。

Xperiの最高のコンテンツ責任者であるBill Neighborsは「IMAGICA EMSとの協力を通じて、映画製作者は、DTS:X没入型オーディオに拡張されたサウンドの世界を探索することができます。 「現地のコンテンツパートナーは現在、DTS:X没入型のサウンド技術で、新しいリリースを製作し、品質を保証し、披露することができる施設を利用することができます。」

IMAGICA Entertainment Media Service、Inc。の専務であるTadashi Aotaは “ DTS:Xオーディオ技術の統合は、映画製作者が、より個人的な深みのある方法で観客に近付くことができる可能性を拡張します。 全世界的にDTS:Xのサポートコンテンツの可用性の急速な成長の中で、日本でDTS:X没入型オーディオ技術を使用してプロジェクトを展開します。 「

Tokyo Imaging Centerで映画製作者が使用できるDTS:X技術には、以下が含まれます。

  • 5.1 / 7.1サラウンドサウンドおよびDTS:X没入型のサウンドをサポートしているGDC SX-4000スタンドアローン統合メディアブロックを特徴とするDTS:Xのサポート・シネマ・サーバー。

  • QSC 510c Q-SYSシネマオーディオプロセッサはDTS:X没入型のサウンドをレンダリングします。

映画産業のサウンドクリエイターとプロデューサーのための新しいDTS:X上映室を実証するイベントがIMAGICA EMS Tokyo Imaging Centerで9月に行われます。 このイベントの詳細については、DTS Japan事務所([email protected])にお問い合わせください。

DTS、Inc. 情報
1993年からDTSは、より良い世界を作るために専念してきました。 モバイルデバイス、ホームシアターシステム、映画やそれ以上の先駆的なオーディオソリューションにより、DTSは、すべてのリスナーに信じられないほどの高品質の没入感あふれる魅力的なオーディオ体験を提供しています。 今DTSは、イメージングと検出技術にも力を与えています。 詳細については、 www.dts.com

Xperi Holding Corporationについて
Xperiは特別な経験を可能にする技術を発明、開発、提供しています。 ブランド(DTS、HD Radio、IMAX Enhanced、Invensas、TiVo)を介して提供されるXperi技術とスタートアップであるPerceiveは、エンターテイメントをもっと楽しく作成スマートデバイスをよりスマートにします。 Xperi技術は、全世界の数十億の消費者装置、メディアプラットフォームと半導体に統合され、パートナー、顧客、消費者の価値を高めています。

Imagica Entertainment Media Services、Inc. 情報

Imagica Entertainment Media Services、Inc. (「IMAGICA EMS」)は、日本のポストプロダクション会社で、日本と海外のエンターテイメントとメディアの顧客の両方にサービスを提供しています。 E2E(End-to-End)サービスは、映画、ドラマ、アニメーション、ローカライズおよび配布のための創造的なポストプロダクションを包括します。 IMAGICA EMSは日本にいくつかのスタジオを保有しており、絶え間ない技術革新を通じて、日本最高のポストプロダクションスタジオとしての地位を維持しています。 詳細については、次の式のフォームを使用してIMAGICA EMSにお問い合わせください。

https://www.imagica-ems.co.jp/en/contact/

Xperi、DTS、IMAX Enhanced、Invensas、HD Radio、Perceive、TiVoとそのロゴは、米国およびその他の国におけるXperi Holding Corporationの商標または登録商標です。 その他すべての企業、ブランド、製品名は、各社の商標または登録商標です。

###

コンタクトレンズ

Xperi投資家の連絡先:

Geri Weinfeld、投資家の関係の副社長

+ 1818-436-1231

[email protected]

Xperi Mediaコンタクト:

Vanessa Fiske、コミュニケーションディレクター

+1 408-836-3539

[email protected]

ストーリーに戻る

READ  デーモンスレイヤー映画、日本アカデミー賞ノミネート

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close