経済

IMF、ロシア戦争で2022年の世界成長率見通し3.6%に下方

火曜日、国際通貨基金(IMF)はロシアのウクライナ侵攻とそれによるモスクワ制裁の影響で、今年の世界経済成長率を3.6%と見込んだ。

米国や日本を含む多くの主要な先進国経済は、戦争によって世界中のエネルギーと食品のコストが増加するにつれて、成長の見通しが下方修正されています。 コロナウイルス感染症の世界的な流行。

写真は、2021年8月11日にワシントンのIMF本部の建物を示しています。 (刑務所)

IMFシニアエコノミストのピエール・オリヴィエ・グリンシャスは、2月末にロシアがウクライナを侵攻して以来初めて発行した半期世界経済展望報告書で、「戦争は世界経済回復を深刻に遅らせ、成長を鈍化させ、インフレをさらに深化させる」 「と言った。

ウクライナの実質国内総生産(GDP)は2022年に前年度より35%減少すると予想される一方、ロシアは中央銀行と主要国内金融機関が制裁を受け、一部の対国が石油及びガス禁水措置を取って8.5%減少する。と予想される。 。

ヨーロッパの戦争は、感染性の高いオミクロンの変種に対する脅威がやっと減少している中で、世界経済がコロナウイルスの流行から完全に回復されなかったときに発生しました。 邪魔。

IMFは、戦争が近年世界経済を襲った一連の供給衝撃を加重し、経済効果が「広く」広がっていると述べた。 小麦とトウモロコシのウクライナ。

2023年の世界成長率見通しも3.6%で0.2ポイント下方修正した。

ロシアとの経済的連携が制限された米国の場合、2022年の見通しを1月の推定値から0.3ポイント下げた3.7%と見通した。 戦争による混乱は貿易パートナーの成長を減少させた。

IMFによると、世界3位の経済大国であり、主要原油輸入国である日本は、原油価格上昇が民間消費と投資に負担を与えると予想され、これは今年の成長率予測を0.9ポイント~2.4%下げる要因です。

しかし、2023年の見通しは、今年初め、オミクロンの変種が急速に拡散し、消費者心理が冷却された後、ファンデミックから回復したアジア諸国を反映して、2.3%の成長率で0.5ポイント上方調整されました。

中国の2022年の見通しは1月より​​0.4ポイント下方調整された4.4%で、中国の「コロナゼロ」戦略により深センや上海などの主要製造・貿易ハブを含む繰り返し移動制限とローカライズされた閉鎖が発生したからです。

同報告書では、中国の最近の閉鎖は「グローバルサプライチェーンに新たなボトルネック」を引き起こす可能性があると警告し、世界2位の経済規模の生産量も戦争による外部需要の弱化によって隠されたと付け加えた。

IMFは、2022年のユーロ地域のGDP成長率を2.8%に1.1ポイント下方修正し、ドイツやイタリアなど製造業部門が比較的大きく、エネルギー輸入依存度が高い国で最も大きく下方調整されたと明らかにした。

報告書によると、世界貿易量は今年5%、2023年には4.4%増加すると予想され、1月の予測よりそれぞれ1.0ポイントと0.5ポイント減少した。

今年の物価上昇率は先進国5.7%、新興市場8.7%、開発途上国8.7%と見込まれ、既存の見通しよりそれぞれ1.8ポイント、2.8ポイント上昇した。

米国、欧州連合、日本を含む米国同盟国がモスクワを経済的、技術的に孤立させようとする努力に拍車をかけ、IMFも世界経済が異なる技術標準と国境を越えた支払システムを持つ地政学的ブロックに「永久的に分裂」されると警告しました。 。

こうした「構造的な動き」は、サプライチェーンが再構築されるにつれて、高い調整コストを伴うとともに、過去70年間に国際的・経済関係を支配した「ルールベースのフレームワーク」への主要な課題を示すものであると報告は述べた。

READ  ミャンマークーデターに対する日本の対応

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close